出会い系

大反響の松本千秋さんによる マッチングアプリ・ティンダー体験漫画

決してティンダーのステマ連載ではありませんよ!

ティンダーって海外アプリだから、日本人向きじゃないんですよね。日本は出会いに対してネガティブ。「知り合いにあったら気まずい」「出会いを求めている人と思われたくない」という気持ちが少なからずありますよね?!

恋愛目的で登録している女性が少ないので、ティンダーで彼女見つけるって何年かかるんだろうって感じですよ。

ティンダー歴が長い方でも共感できる内容もあると思うのでニヤニヤしながら見ていただけると思います。

昨年の10月から5ヶ月に渡りお届けしてきたティンダー叙事詩も次回が最終回。ティンダーで出会ったと男たちと、自ら命を絶った友人。変わっていく世界の中で、チアキさんが選んだ選択とは?

大反響を巻き起こした「38歳バツイチ独身女がティンダーをやってみた結果日記」も今回で最終回。ティンダーを通し、若く美しい男たちと逢瀬を重ねる中で、チアキさんは何を感じたのでしょうか。最後に大事なお知らせがありますので、お見逃しなく!

私がティンダーを入れたのは大学2年生(2019年の3月)の頃、旅行中のことでした。しかし、当時の僕は“ティンダー”の名前すら聞いたことがなかったのです。3人で旅行していたのですが一人の友だちが「”旅行先”で女の子と遊びたい!」といい、共通の友だちである留学生がティンダーを使っていることを聞き3人でダウンロードしました。

ティンダーの使い方にちょっと悩み始めたチアキでしたが、今週も3人の男性と出会いました。死ぬほどモテるイケメンばかりに出会う内、「彼女」とは何を意味しているのか、世界の真理を掴み始めたようです。

ティンダー(Tinder)についてもっと詳しく知りたい!という方のために、今回の記事ではティンダー(Tinder)の基礎知識から攻略法などを簡潔にまとめてみました!

今回は素朴さが魅力の12人目くんが再登場。王道の休日デートが展開されます。ただ、忘れてはいけません、12人目くんは「不順な動機でティンダーを使っている親友から話を聞いて始めた」男だということを。さて、どんな展開になるのでしょうか……?

マッチングアプリの火付け役ともいえる「ティンダー(Tinder)」ですが、遊び目的の利用者が多いなど様々な噂が飛び交っていることも事実です。
実際、噂は本当なのでしょうか?

大反響の松本千秋さんによる、マッチングアプリ・ティンダー体験漫画。今回はティンダーを始めて3日で出会った、二人目くんと三人目くんのお話です。決してティンダーのステマ連載ではありませんよ!

前回ティンダーでマッチングした近所に住んでるモデルの彼。いつの間にかチアキの家に入り浸るように。14歳年下の美しい男との生活に、チアキのトキメキは加速していきます……!

チアキ38歳、自営のイラストレーター、離婚歴有り。「自分は結婚向きの性格では無い」という考えに至り、再婚に向けての努力は何もしていません。そんな彼女が友人に教えてもらったのが、イケメン天国のマッチングアプリ「ティンダー」。失った青春を取り戻すため、早速チアキはマッチングした大学生と出会ってみたのですが……。松本千秋さんの幻冬舎×テレビ東京×note「コミックエ

あと、ティンダーは他人の写真だろうがペットの写真だろうがなんでも登録できますが、タップルは拾った他人の写真がはじかれます。さらに今後は免許証などと同一人物か判断するシステムを導入しさらに安全性を高めていくとのこと。

ティンダー生活で、一番仲良くなってしまったモデルの彼。関係を続けていくうち、自分のなかで起きた心境の変化にチアキさんは衝撃を受けます。