出会い系

出会系サクラ 時効

出会系サクラ 時効

一般的に、債権の消滅時効は民法通則で2年、民法総則で3年と定められている。また、民法通則にあった短期消滅時効は、民法総則には規定がない。さらに、民法総則は、時
効が適用されない債権を新たに規定したなど、民法通則と比べて多くの相違点を見せている。

財団を介した金の流れに注目集まるこのへんでそろそろ長谷川の「失言」に触れておかなければなるまい。薬事法違反の時効は3年である。長谷川は会見でCASE‐Jのデータを最近まで販促に使っていたことを認めた。社長自ら、である。現実に企業活動で使用している以上、時効が適用されることはない。長谷川は自身の発言によって時効の壁を取り払ってしまった。

この出会い系事業の趣旨は、現代の少子化社会、超高齢化社会に、一定の貢献をするものであり、事業として決して楽な商売ではないはずだ。 営業開始の届出もして所得税も支払っていれば、社会上、正当な職業の一つとして認められる業である。 世に不要な業はないと言えるに等しいであろう。正当な事業者の提供している出会いサービスを、20歳以上の者が利用していることは、倫理的な問題を除き、法的に問題があるものではないし、むしろやりとりに問題が発生した場合などは、事業者も警察の捜査に協力できる体制を課されているように、先進国の中でも、日本が最も安心して娯楽として楽しめる大人の社交の場になっているはずである。 一部の心無い業者に騙されてしまうのは、現実社会にはない自分の仮想の居場所を求めてしまう現代社会の大きな歪なのかもしれない。 住所も、生年月日も、相手の電話番号も知らないのに、なぜ、メールのやりとりだけの為に、情報料として多額の前払い金を支払ってしまうのか、心理を巧みにつかれているのであろう。

また、債務者が行方不明の場合は、国家レベル又は債務者所在地の省レベルの影響力がある新聞等で公示することにより、催告することができる(「
民事案件の審理における訴訟時効制度の適用に関する若干問題の規定」10条1項3号)。

2014年、出会い系サイト業者にメールアドレスを販売し、迷惑メールを送信する手助けをしたとして、特定商取引法違反幇助(ほうじょ)容疑で、名簿販売会社代表取締役の男性と同社従業員の男性=同=、法人としての同社を書類送検した。
同社は平成24年12月以降、偽の求人サイトなどを作ってメールアドレスを収集し、出会い系サイト業者など約60業者に延べ10億件以上のメールアドレスを販売。約1億7千万円を売り上げていたとみられる。

2014 年、警視庁サイバー犯罪対策課は、総務省から措置命令を受けながら、出会い系サイトに勧誘する迷惑メールを、相手の同意なく送り続けたとして、特定電子 メール送信適正化法(迷惑メール防止法)違反の疑いで、出会い系サイト運営会社社長の男を逮捕し、法人としての同社を書類送検した。
同課によると、男は出会い系サイトを運営。別の会社からパソコンや携帯電話のメールアドレスを入手し、1日約266万通の迷惑メールを送信して、サイトに誘導し、約2億円を売り上げた。これまで、2年半で送信した迷惑メールの数は、実に約20億通に上るとみられている。

出会い系サイトとは違うサイトでメールアドレスの収集を行い、出会い系サイトの業者にアドレスを転売するというのは、普段は出会い系サイトを使わない人に無理やり出会い系サイトを宣伝し、その中から少しでも出会い系サイトを利用する人を捕まえるという悪質な手法です。

2015 年、千葉県警サイバー犯罪対策課は、無料通信アプリ「LINE(ライン)」の商標に似せたロゴを使って利用者を集めたとして、商標法違反容疑、詐欺の疑い で出会い系サイトサイト運営会社社長を逮捕。約30人のアルバイトの男による「サクラ」がメールをしていた。逮捕された男の1人は「男の方が男心が分か る」と供述しているという。

出会い系サイトで詐欺行為が横行しています。携帯電話などに「アドレス交換をしてくれたら3,000万円あげたい」「相談相手になったら1,000万円譲ります」など、「お金をあげる」という内容でメールが届き、メールに記載されたURLをクリックすると出会い系サイトに誘導されます。出会い系サイトではメール交換のたびに有料のポイントを購入しなければなりません。しかし、メールで何度やり取りをしても、決してお金はもらえません。こういったメールはサイト運営業者のサクラ(おとり)が行っている可能性が高く、業者は消費者がメール交換をすればするほどポイントの課金で収入を得られる仕組みになっています。消費者はクレジットカードでポイント代を支払うことができるため、気付かないうちに高額な利用料になってしまいます。また、ポイントの他にもさまざまな名目で費用を請求され続けて、1,000万円以上の高額被害になった事例もあります。

女性が被害にあった事例です。近年はネットでの出会いの場も発展しているので悪質なサイトなどにだまされないよう最低限の知識は身に付けましょう。

2016年、出会い系サイトで「僕とやりとりすれば2000万円あげる」などと嘘のメールを送り、女性から電子マネーをだまし取った疑いでサイトの運営会社の社長らが逮捕されました。
出会い系サイトに登録している女性に男性会員を装って「僕は実業家のイケメン。僕とやりとりすれば2000万円あげる」などと嘘のメールを送り、3000 円分の電子マネーをだまし取った疑いが持たれています。容疑者は「男性会員と連絡するにはポイントを購入する必要がある」などと女性に電子マネーの購入を 要求していました。

時効停止の原因がなくなった日から満6か月が経過することにより、消滅時効期間は満了する。

出会い系サイトの収益を脱税していたという判決事例です。この事件からわかるように出会い系サイトでの詐欺はかなり儲かるのです。もちろん逮捕された社長の会社は詐欺会社です。

最近、携帯電話などでの、いわゆる出会い系サイトに関する相談が増加しています。出会い系サイトとは、インターネットを掲示板やチャットを通じて、不特定多数の男女が電子メールなどで連絡を取り合えるようにするなど「出会いの場」を提供するサイトです。 このサービスを利用するためには、携帯電話会社などへの通信料のほかに、サイト業者に利用料金を支払うことが必要です。多くの場合、登録は無料ですが、掲示板を見る、相手にメールを送る、相手からのメールを読むなど一つ一つの操作は有料となっています。 特にトラブルとして目立つのは、事例のように最初は無料ポイントを利用してメールをやり取りしているうちに相手のペースに乗せられ頻繁にメール交換した結果、利用料金が高額になったというケースです。サイトでは匿名でメールを交換しているため、相手が本当のことを言っているのかどうかも分かりません。利用料金を稼ぐために相手がサイト業者と共謀していたとしても、それを確かめることは実際には不可能です。 また、占いサイトに登録したら、出会い系サイトからメールが届くようになり、トラブルに巻き込まれたといったように、意図せず出会い系サイトに誘い込まれる場合もあるので注意が必要です。 今回の相談者には、業者との共謀の可能性が高いものの、立証は極めて困難で利用料金を返してもらうことは難しいと伝え、また、クレジット情報を把握されていることから今後のトラブルを避けるためにも、サイトを退会したうえで、メールアドレスの変更やクレジットカードの解約を勧めました。 出会い系サイトは、料金トラブル以外にも犯罪に悪用される場合もあり、安易に登録することは避けるべきです。特に信用できないサイトでカード番号などの個人情報を入力することは絶対にやめましょう。 また、出会い系サイトやアダルトサイトなどにアクセスできないよう、携帯電話会社やプロバイダーに「有害サイトアクセス制限」を申し出る方法があるので、利用するのもいいでしょう。

出会い系サイトで騙しとられたお金を取り戻した判例です。出会い系サイトからお金を取り戻すのは弁護士の資格が必要不可欠になります。金額にかかわらず弁護士に相談するのが一番早い解決方法です。