出会い系

出会系 ドタキャン 警察

出会系 ドタキャン 警察

友人は、被害者のSNSを見漁ると「Tinder」の利用の発覚と容疑者と数か月前から会っていたということも発覚。 警察が、容疑者のアパートで家宅捜索を行うと人骨と衣類が入ったごみ袋を発見し、DNA鑑定。 被害者のDNAと一致し、容疑者は容疑を認め事件が発覚しました。

それに対して、女性が出会い系サイトで出会った男性からの脅迫を防ぐ方法としては、やはりこれも出会い系サイトのメールの一文に着目する必要があります。

・出会い系サイトを使用する際に、脅迫をされたくないのならば、LINEや電話番号などの個人情報を相手には教えてはいけない。

出会い系サイトを利用した美人局被害の例であり、共謀して恐喝を行ったことから計画的犯罪とも言えます。

まだマッチングアプリを使った事がない方は、使い方がわからず出会いの流れも想像しにくいと思います。
そこで次は、マッチングアプリの中でも特に人気が高いペアーズを例にあげて、警察官と付き合うまでの流れについて解説していきます。

・出会い系サイトで、業者や脅迫をしてお金を相手から巻き上げる人たちの出会いを掴みたくないのなら、アダルト掲示板ではなく、ピュア掲示板を用いて、しっかりと長い時間をかけて恋愛関係を発展させてからセックスをする。

と解釈されていますが、近年その手口は巧妙化しており、特に出会い系やアプリなどのネットを介した出会いツールの台頭により、さらなら多彩化が見られます。

要は、「気を付けなさい」と、こういうことです。出会い系は自己責任の世界。警戒してもし過ぎることはありません。警戒しながら、それでも楽しむ。出会い系を利用するなら、覚えておきましょう。

次は、男性が女性に出会った場合なのですが、なにやら出会い系サイトで出会った女性は携帯をずっといじっていませんか?

これは予防策というよりも、最悪のケースを想定した上ので防衛策となります。やり取りを記録しておくことで、警察に相談した際、美人局の重要な証拠となり得ます。

警察官は真面目な人が多いですが、それが一般人からすると度が過ぎると感じる事もあります。
嘘がバレたら厳しく怒られたり、デートも時間厳守で遅れる場合はきちんと理由の説明を求められたりする事もあります。
白黒はっきりさせなければいけない警察官という仕事柄、普段なら「少しくらいなら」と思える事を許してもらえないなどという事も多いです。

出会い系の女性と出会う際、具体的な場所を決めるのは大半が「男性側」です。女性が場所を指定するというのは、あまり考えられません。頑なに自分で目的地を決めたがる女性には要注意です。

以上、警察官と付き合いたい女性に向けて、警察官と付き合うメリットとデメリットから出会い方、好かれるポイントなどを解説してきました。

ここまで、出会い系サイトで出会った男性もしくは女性に脅迫されるパターンについてお伝えしました。

警察官は法を取り締まる仕事という事もあって、パートナーとの交際申告が必要だったり結婚する場合は身辺調査が行われたりします。
調査内容は犯罪歴や過去の宗教や政治団体などとの繋がりなどについてで、警察のデータベースでの調査となります。
その際は逮捕歴や補導歴などがなければ大丈夫なので、例えば夜の仕事をしていたりしても問題にはなりません。