出会い系

出会系 なりすまし

出会系 なりすまし

…恐喝未遂事件で起訴され、今月15日判決日になります。現在20代前半です。
前科は無免許で罰金刑のみです。
内容は出会い系サイトを利用し女性になりすまして援助交際目的の成人男性と会い、妹と援助交際しようとしただろと因縁をつ…

他サイト誘導業者の場合、URLにアクセスしなければ被害に遭うことはありません。それだけに送られてきたURLにアクセスしないことが、最大の対策となります。また筆者の経験上、一般ユーザーの女性が他サイトのURLを送ることはまずありません。もし仮にアクセスしてしまったとしても、登録せずに無視しましょう。

援デリ業者とは、出会い系アプリを通じて一般ユーザーに営業をかける風俗業者のこと。しかも出会い系アプリで活動する援デリ業者の多くが、営業許可を取っていない違法業者。万が一業者のサービスに応じてしまうと、トラブルにもなりかねない危険な業者です。

出会い系アプリの中には、マルチ商法・ネットワークビジネスの勧誘を目的に利用しているユーザーも。ビジネス目的のユーザーの多くが、デートした流れでオフィスに連れていき、仲間内でビジネスへの勧誘を行うのが常套手段です。もちろん優良アプリの多くでは「ビジネス目的での利用」は禁止。ですが一般ユーザーに近い振る舞いをするだけに、優良アプリでもチラホラ姿が見られ、注意が必要となります。

…30代女性です。
数ヶ月前から、携帯電話に知らない番号から電話が来るようになりました。
多い時では1日5回、時間は明け方5時前や、夜中の12時過ぎばかりです。
気味が悪いので無視していたのですが、一度夕方に電話が来て、…

…半年以上前の話になります。自分は男ですが面白半分で、ある出会い系サイトで女性として登録し、プロフィール画像に別の出会い系サイトでチャットしていた女性の画像を貼っていました。プロフィールにはその女性の個人情報は一切記載して…

また、個人情報収集業者も、メアドやLINEIDが手に入らなければ諦めて連絡してこなくなりますし、1回会えれば業者でないことも証明できます。with内で個人情報を漏らしてしまうことだけは注意しましょう。

…精神疾患を抱えている私の20代の息子が、出会い系サイト内で知人女性の写真を掲載して、その女性になりすまして「私を殺してほしい」と書いたと言います。
1、息子の行為は何罪でしょうか?また訴えられた場合、慰謝料はどれくらい…

多くのキャッシュバッカーは多くのメールを男性にさせたいため、サクラと同様に「メールをむやみに引き延ばす」のが特徴。また出会い系アプリの多くでは、メール以外にも画像が閲覧されてもキャッシュバックのポイントが貯まります。掲示板等でセクシーな画像を投稿し、男性の視線を集めようとするのも常套手段です。

元HKT48の指原莉乃(27)が11月24日、インスタグラムのストーリーズを更新。ファンから寄せられた“なりすまし被害”について警告した。

…知人の顔になりすまして出会い系アプリで不特定多数の女性にメールを送って卑猥なやりとりをしています。やりとりの内容は卑猥な画像を送り、こんなふうに縛られるのどう?とか縛られるの平気とか、変態平気?などです。もし知人が訴えた…

…出会い系サイトに勝手に私の画像を使ってなりすまして登録している人が居ます。本名全てではないけれど、下の名前や特徴など詳しく書かれて居て、明らかに私のことを知っている人がなりすまして投稿しているようです。投稿内容も猥褻な内…

…私になりすまして顔の部分を合成した卑猥な画像をFacebookにのせたり、私が出会い系に登録されている旨の発言、またその証拠としての画像を貼り付ける。個人情報を一部出し 他にも知っている等の内容をメッセージやメールで送り…

…友人Aから相談を受け力になりたく相談させて貰います。
・出会い系サイトにAの知り合い(Aの元カノ、既婚者)の個人情報を含む書き込みを行った
・そのサイトでAの元カノになりすまし出会い系で知り合った男性とやり取りをする

今回のケースでは肖像の無断利用にはなりますが、刑罰を伴う犯罪には当たらないでしょう。ただ、民法上の不法行為等が成立する余地があります。他人の写真を無断で使用した場合には、その他人の肖像権を侵害する恐れがあります。肖像権とは、人格権から認められる権利であり、一般的には、自分の容姿をみだりに撮影されたり、公開されたりしない権利とされています。マッチングアプリの仕組みにもよりますが、写真が他の利用者に公開される仕組みであれば、無断で他人の肖像を掲載することには、問題があります。また、それぞれのマッチングアプリの利用規約にも反することが多いと思われます。肖像権侵害が認められた場合、事情によっては、慰謝料請求の可能性もあります。いわゆる「出会い系アプリ」に肖像が掲載されてしまうことは、一般的な基準でも、不名誉で意図していない公開と考えられます。なお、今回の事案とは異なりますが、コラージュなどによって真実ではない事実(たとえば、わいせつな事実など)をでっち上げるために他人の肖像を利用したような場合は、悪質性が高く、名誉毀損(きそん)となる場合も考えられ、この場合は刑事上の罪責を負う可能性があります。