出会い系

出会系 トーク

出会系 トーク

出会い系サイトやアプリのメールを使った会話では、基本的に男性がリードすることになりますが、それは質問をうまく使うことで成功しやすくなります。

それで嫌気をさして出会い系サイトを卒業する男性が後を絶ちません。

ここまで出会い系サイトやアプリでモテるためのメールのやりとりの三つのコツを説明して来ました。これらは、すぐにはできるようにならないかも知れません。

ですから、出会い系サイトやアプリでメール交換するときはメールの中でもプロフィールでも、ネガティブなことは書かず、ポジティブな発言をするようにしてみてください。嘘でもいいので「仕事(勉強)頑張ってます」とか「大好きな趣味があって充実してます」みたいなポジティブなことを書きましょう。これで、相手に良い印象を与えてモテるようになります。

以上が出会い系サイトでの出会いの基本的な流れになります。この流れを何となくでも意識していれば、うまく出会うことができます。

ポジティブ発言をしていると相手も前向きな気分になってきて、会話も盛り上がり、お互い楽しく、仲良くなっていきます。そうなると、実際に会うのに誘いやすくなったり、関係が深まって告白が成功して付き合うことになったり、あるいは楽しい会話の流れで冗談から簡単にホテルに誘えてセックスできたりします。出会い系サイトやマッチングアプリの会話のやりとりでポジティブなのは真面目な恋愛目的でもヤリモクの出会い目的でも絶対にマイナスにはなりません。

ガチガチの敬語は礼儀正しくはありますが、かしこまりすぎて距離を縮めにくいですし、逆に警戒されてしまうこともあります。出会い系アプリでは、真面目な堅物の男性よりも親近感のある男性の方がモテるので、絵文字や感嘆符を適度に絡め、明るい雰囲気のメッセージを送りましょう。

そして実際に会うことができたら、あとはネットナンパもリアルでの出会いも同じです。何回かデートして告白して彼女にしたり、お酒を飲みに行ってほろ酔い加減でホテルに誘ってエッチしたりして、ネトナンの目標を達成してください。

実際に会って話す場合は表情や身振り手振りで、電話の場合も声色や話し方で相手のことが分かるので質問をしなくても会話が盛り上がることもあります。ですが、メールでのやり取り、特に知らない者同士でやり取りする出会い系の場合には、メールの内容で盛り上げるしかありません。そこで使えるモテルためのおすすめのトークテクが「質問」です。

自称「元サクラ」の男性は、このテンプレートを使って出会い系にいる女性を他のサイトへ登録させることを行っていたそうです。

出会い系サイトではプロフィールに顔写真を載せている女の子もいて、そう言う人はどんな顔か分かりますが、ほとんどの女性はどんな顔か分かりません。また、顔写真の画像をアップしている女性でも詐欺写メとか奇跡の1枚をアップしている場合も多く、実際に会ってみると全然美人じゃなかったりします。逆に、プロフにはぽっちゃりと書いてあったり、自分でブサイクだと言っていたけど、実際に会ってみたらかなりの美人だったり、スタイル抜群で巨乳だった、と言うことも少なくないです。出会い系サイトや出会いアプリを使ったネトナンでは会ってみるまでどんな女性が来るか分かりません。まあ、それが出会い系の楽しいところでもありますが。

質問は、出会い系サイトや出会いアプリに限らず、会話やメールでやりとりする際に話を続けたり盛り上げたりするのにも大いに役立ちます。こちらから質問をすると相手はそれに答えるので、その答えから話題を発展させていって、また質問してどんどん会話を盛り上げていきます。質問の答えから相手の好きなものや興味あることなどが分かるので、その方向に話を向けていくと、さらに会話を盛り上げることができます。

ちなみに、この3つの会話テクニックは出会い系のメールの会話だけでなく、リアルでのコミュニケーションでも役立つので試してみてください。

出会い系アプリでは、1度女性に無視されてしまうとその女性を振り向かせることは至難の業です。だからこそ、会話の掴みである最初のメッセージで自分の存在をアピールすることが重要になります。この記事のポイントを押さえれば、あとは経験あるのみです。たくさんの女性とメッセージを続けていくことで、女性の気を引くコツが徐々にわかってくるでしょう。

堅苦しいメッセージは避けるべきですが、だからといって馴れ馴れしすぎてもいけません。いくら親しみやすさを演出したいからといって、初対面で「おー、今何してるの?」「暇だから話そうよ」というような、あきらかにくだけすぎたメッセージは失礼ですし、「馴れ馴れしい人だな」と避けられる原因になります。顔の見えない出会い系アプリのなかだからこそ、最初のメッセージは特に礼儀をわきまえなければいけません。