出会い系

出会系 警察 通報

出会系 警察 通報

こういった悪質出会い系サイトは、そもそも出会い系サイト規制法で義務付けられている事業開始の手続きがなされていなかったり、あるいはサイト上で交わされる契約内容に不備があってユーザーに利用料を請求できないようなケースも多々あります。

逮捕容疑は6月23日夜、同区歌舞伎町のホテルで、40代の男性に盗撮されたと因縁をつけ「60万円払え。警察を呼ぶ」と脅したなどとしている。駒沢容疑者は「盗撮された」と110番通報したが、男性は示談に応じず、被害を届け出た。

そこでここでは、出会い系サイトでの脅迫や恐喝でよくある手口と、被害にあってしまった場合の対処法、被害にあわないための対策について弁護士がわかりやすく解説していきます。

このようなヤミ金は絶対に利用しないようにしましょう。また、利息の上限は法律で定められており、法外の利息は払う必要はありません。悩んだり、わからないことがあったら、自分だけで判断せず、警察・消費者センター・司法書士会弁護士会等に相談しましょう。

■ 毅然とした態度で相手に電話番号やアドレスを知られてしまい、脅迫じみた電話やメールが頻繁にかかったりする場合があります。電話のlときは「迷惑である。二度と電話をするな。警察にも相談してある」旨を毅然として告げてください。 なお、電話番号やアドレスを変更する方法もあります。

しかし、実際には警察に逮捕されています。

相手女性の要求に応じて性器の画像を送ったところ、出会い系サイトから「公然猥褻になるので刑事告訴します」「性器の写真をサーバーにアップロードしたため、サーバーがダウンしたので損害賠償を請求する」「あなたの書き込み内容は出会い系サイト規制法に違反する犯罪に当たるので、警察に通報する」といったメールが届き、損害賠償や示談金、罰金などの名目でお金を請求してくることもあります。

相手の連絡を無視したことで本当に警察に被害届を出されれば刑事事件にまで発展してしまうことがあります。

これらは、青少年保護育成条例(淫行条例)や児童買春禁止法、出会い系サイト規制法に触れ、犯罪として警察に逮捕されるリスクがあります。

出会い系サイトで頻発する脅迫や恐喝の手口を紹介します。

出会い系サイトで知り合った人からだけではなく、悪質な出会い系サイト運営者(会社)から恐喝被害を受けるケースもあります。

それに乗じて、「警察に行かない代わりに金を払え。犯罪で逮捕されたら会社や奥さんにばれて人生終わるよ」と、口止め料などの名目で多額の金銭を請求される恐喝被害は後を絶ちません。

同署によると、小泉容疑者と駒沢容疑者は出会い系サイトで料金を示し、わいせつな行為をする相手を募集し、男性と知り合った。

サイトで出会いを求めている女性は安易に会うことをしません。

出会い系サイトの運営者は、出会いサイト規制法により利用者に対して児童(18歳未満)でないことを確認することが義務付けられており、年齢を確認できる身分証明書の画像などをメール添付で提出させています。