出会い系

マッチングアプリには数百万人レベルの会員が在籍しています

マッチングアプリには数百万人レベルの会員が在籍しています

マッチングアプリに疲れたなら、他のマッチングアプリを合わせて利用してみましょう。

マッチングアプリは日本中の男性・女性が利用しているため、たくさんの出会いが期待できますが、使っていく中で疲れたと感じる場面も多々あります。

うまくいかない状況から脱却して楽しく出会いを探せるよう、ここからはマッチングアプリ疲れの原因について詳しくみていきましょう。

マッチングアプリにおいて、女性は常にモテます。いいねを返しきれないほどいいねをもらう人や、メッセージがめんどくさくなるほどマッチングする人もいます。

マッチングアプリはノリやタイミングが大切なので、気が合わない人やタイミングの合わない人はどんどんさよならして構いませんよ!

マッチングアプリには数百万人レベルの会員が在籍しています。

そのため、1つのことが長続きしない飽きっぽい性格が原因でマッチングアプリ疲れを招いている可能性があります。

「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さんが校長を務め、オンラインをベースにさまざまな価値観を持つ人たちが交流するために開校された「田村淳の大人の小学校」。先日行われた特別授業では、「マッチングアプリ」をテーマに恋愛現役世代の参加者と熱い議論を展開しました。実践で培った豊富な経験則を持つ“恋愛のカリスマ”田村さんが考える「新しい恋愛様式」とは?

私はすでに結婚して子供もいますが、出会いを求める男女にとっては変化の時だと思います。今の季節で言うと、花火大会やBBQなどアウトドアのレジャーが盛んな時期じゃないですか。そういうものまで自粛となると、出会いは限られてきてしまうと思うので、それこそマッチングアプリやSNSを使って、自分で積極的に出会いを探しに行く時代がいよいよ本格的に到来したのかなと。それから自分自身の話で言うと、私も独身時代はアナウンサーとしての仕事がとても忙しかったので、頭の中が仕事ばかりになってしまった時は、自分の恋愛のことまで考えられない時期がありました。その時は、本当に仕事を頑張りたいという思いで動いていたのですが、今考えると、当時だからこそできる恋愛もあったと思うので、もっと積極的に動いてプライベートを充実させればよかった…と少し後悔しています(笑)。そういう意味では、今はオンラインでの交流も盛んなので、積極的かつ効率的に出会いの場を見つけてみるのもいいですよね。

イメージも何も、僕は自分でもマッチングアプリを作ろうとしていたくらいですから(笑)。というのも以前、「マスクをしたままお見合いをする」という企画に携わっていた時に、男女がくっつきたいのになかなかくっつけない、もどかしい状況を目の当たりにしたことがあったんです。でも、僕が少し背中を押してあげると「しょーがねーな」という感じで歩き出す人も多かったので、それをきっかけに恋愛に奥手な人たちの手助けがしたいなと思って。マッチングアプリを使って理想の相手を探すというのは、あの頃の僕がまさに実現させたかったこと。なるべく効率的に素敵な人を見つけたいという人は、「なんで活用しないの?」とすら思います。

マッチング成功やメッセージ受信などの通知が来てもマッチングアプリを開かなくなれば、疲れたを通り越して完全に飽きたと言って良いでしょう。

マッチングアプリに疲れたことがある方に、疲れた時の対処法を伺いました。今マッチングアプリに疲れている人はこれから実践して、出会いを楽しみましょう。

マッチングが成功しても嬉しいという感情が薄れており、異性とやり取りをする気力を失っているため、マッチングアプリ疲れの末期と言っても過言ではありません。

よりクリーンなものである、という印象があります。聞いたところによると、登録するときに身分証を提示する必要があるとのことで、より安心して利用することができると思いました。「ビデオデート機能」があるのが新鮮ですね。どうしてもメッセージのやりとりだけだと相手の表情がわからないので、自分の中で想像するしかないですが、画面越しにお話しできれば、ある程度人となりも感じられると思います。それに、いきなり直接会ってしまうと「この人、苦手かもしれない…」と思う可能性もありますよね。そういう事態もビデオ通話を挟めば避けられますし、気が合いそうな方とはお互いナチュラルな状態で話すことができると思います。自分に自信がなくて恋愛に前向きになれないという人も、マッチングアプリを上手に活用することができれば、勇気を振り絞って前に進むことができると思います。

基本的に、マッチングアプリは気になる異性に「いいね!」とアプローチをし、相手も同様に返してくれればメッセージのやり取りができる仕組み。