出会い系

君付けで呼ばれる 職場

君付けで呼ばれる 職場

日本の職場で、目上の人を呼ぶときに使う。役職名だけで呼ぶこともできる点で異端の敬称。名字が長くて役職名が短い人の場合、名前を省略して役職名だけで呼べるので便利。役職名が長ったらしいと敬遠ないし省略される。課長補佐代理心得とか。

普段意識したことがなくても、「君付け」や「さん付け」などの呼び方は時に相手を怒らせてしまうほどデリケートで大事なマナーでもあります。「君付け」で呼ばれる上司はもしかしたら不快に感じているかもしれませんよ。それではまず、会社内で人を呼ぶ際の基本から見てみましょう。

しかし、本音ではそういう呼ばれ方を「プライドが許さない」と感じています。そして「絶対に『さん付け』か『君付け』、百歩譲っても『呼び捨て』で呼ぶべきだ」と憤っています。

最近の就職事情においては、上司が年下になるといった状況は珍しいものではありませんよね。そんな時、年下の上司に「君付け」や「さん付け」で呼んでも問題ないものなのでしょうか?もしかしたら、知らない内に上司は「君付け」や「さん付け」で呼ばれることで不快な思いをしてしまっているかもしれませんので、ご注意を!

質問者のshowyeahkichigenさんは、葬儀社で働いています。その職場では、社員が社員をニックネームで呼んだり、「ちゃん」付けで呼んだりしているのだそうです。

みなさんは、職場でどのように呼ばれているでしょうか。「○○さん」?それとも「××課長」と肩書きでしょうか? 人の呼び方は、職場の雰囲気や人間関係、人のキャラクターによっても変わってきます。Q&Aサイトの「Yahoo!知恵袋」には、そんな職場の雰囲気に不満がある人の相談が掲載されました。