出会い系

10万人が選ぶ!恋活・婚活マッチングアプリの決定版!

10万人が選ぶ!恋活・婚活マッチングアプリの決定版!

Omiaiは、迷惑ユーザーにイエローカードが表示される制度があるため、会員層的に真面目な人が多く、マッチングアプリを初めてやる人でも安心して使えます。

逆にPairs(ペアーズ)やOmiai(オミアイ)などのマッチングアプリでは、年収証明の提出機能はありません。

マッチングアプリで年収を盛っている男性は、もし嘘がバレても平気という遊び目的の男性の可能性が非常に高いです。遊び目的であれば、いつ嘘がバレて破局しても次の女性を探せばいいだけなので、平気で嘘をついている場合があります。

婚活恋活部では、マッチングアプリや婚活恋活パーティー、街コン/合コン、結婚相談所などの情報や攻略法を発信していきますので、シェアしてもらえると嬉しいです。

マッチングアプリでの職業(仕事)の嘘の見抜き方ですが、まずは具体的な会社名や職場、仕事内容を聞くのがいいです。

マッチングアプリの中には「業者」「サクラ」が紛れ込んでいる可能性もあるので注意しましょう。

マッチングアプリで男性が年収を盛る理由は、年収での絞り込み検索で表示されやすくなることによって、女性から「いいね」が貰いやすくなるためです。

aocca(アオッカ)はデーティングアプリの機能とマッチングアプリの機能を両方使えるアプリ/サイトです。

使い方はマッチングアプリと同じですが、食事デートを前提にマッチングするため、マッチング後は提携飲食店に行くだけでよく、安全に会うことができます。

マッチングアプリは基本的に20代~30代の会員が多いので、大体400万円前後がマッチングアプリにいる男性会員の平均年収と言えます。つまり、プロフィールの年収が400万円を超えてくると、盛って記載している人が混ざってきます。

結論から書くと、マッチングアプリで年収1,000万円など高収入アピールをしている男性は、ほとんどが嘘で実際よりも盛って記載しています。理由は簡単で、盛って記載した方が出会いやすくなるからです。

マッチングアプリで男性プロフィールを見てみると、年収1,000万円超えの人を見かけて「本当なの?怪しいな~」と思う場面は多くありませんか?ほとんどの場合、その勘は当たっています!

婚活・恋活には欠かせないアイテムとなっている「マッチングアプリ」です!恋活…

マッチングアプリのプロフィールが嘘ばかり(嘘だらけ)ということはないんですが、基本的に自己申告制なので、その人の良心次第なところがあるのが実情です。

10万人が選ぶ!恋活・婚活マッチングアプリの決定版!