出会い系

マッチングアプリ 悪質

マッチングアプリ 悪質

マッチングアプリでは、女性の精神的なダメージの大きい「強姦」または「脅迫」のトラブルが急増中です。
ショッキングな被害を受けて女性が他人に話すことを避けたがる、また男性が「撮影された写真をネットに流す」などと脅迫することから、泣き寝入りしやすいトラブルでもあります。

シンプルな作りで、マッチングアプリ初心者の方にも使いやすく、また東証一部上場企業が運営しているため、アプリとしても信用できます。

また、サクラを対策しているのマッチングアプリも多く、サクラを行おうと考えている人自体が減少しているのです。

女性の「嫌われたくない」という気持ちを逆手に取り、明らかに高額な商品の契約でも断りづらくさせるのが、デート商法の手口。
マッチングアプリでデート商法のトラブルに遭わないためには、デートの日時や場所を自分で決めることです。
デート商法は複数人がグルになっており、商品を売りつける場所や日時を細かく設定した上で女性をデートに誘いだします。
もしマッチングアプリ上で一方的にデートの日時や場所を指定されたら「ちょっと難しいかな…」と断り、相手の反応を伺うのがベストです。

ライターをしているアラサーのMINAMIです。
マッチングアプリを実際に使用したり、婚活ブログを読んだりと、さまざまな恋活・婚活に興味を持ちリサーチをし続けています。
そのリサーチをしっかり活かして、世の中の男女の生の声や実体験を交えながら、恋活・婚活に役立つ情報をお届けできたら幸いです。

なお業者や勧誘と同じように、ネカマは多くのマッチングアプリに登録されていますが、「男女有料アプリ」「Facebookが連動しているアプリ」には少ない傾向にあります。

ほとんどのマッチングアプリにサクラが存在していることは事実なのです。サクラの被害を避けるには「なるべくサクラの少ないアプリを利用する」、「サクラのことをきちんと調べ、万が一出会ったときのために対処できるようにしておく」ことが重要です。

利用者からおすすめされているマッチングアプリの多くは、運営がしっかりとサクラがいないのか随時監視をおこなっており、利用者の安全を考えているのです。監視がされていることに気づいているサクラは利用しにくい環境になっています。

この理由や、具体的におすすめできる国内マッチングアプリを3つ紹介します!

詐欺の心配が少ないのはとにかく、本人確認がきちんとしており、24時間の関し大生を義務づけられている国内の企業が運営するマッチングアプリです!

英語でメッセージを送ってくる外国人の中に偽登録者が紛れていることがあります。
英語圏の出身と名乗るわりには、英語が片言なケースがあります。
これを見破るには多少の英語能力が必要ですが、英語ができない場合でも、ネイティブの外国人や英語ができる友達に文章を確認してもうこともできます。
また、「how r u? (how are you?)」などと略語を使用してネイティブスピーカーを装っていることがあります。
本当にネイティブスピーカーである場合、仲良くない相手に略語を使うことは失礼な行為になるので、偽登録者でなくてもマッチングアプリとして不適切な相手である場合があります。

たくさんのマッチングアプリの中でも、特に「恋活・婚活」と向き合っている利用者が多い印象のマッチングアプリです。また登録には「Facebook か 電話番号」が必ず必要となっており、業者が活動しにくい環境のためサクラは存在していないと言われている優秀なアプリです。

URLに飛ぶと情報を抜き取られたり、有料サイトの会員登録に誘導されたりします。基本的にマッチングアプリで出会った人から送られてきたURLは押さないようにしましょう!

トラブルを防ぐために、マッチングアプリを利用する際には、なるべく大手会社が運営するアプリを選んでください。

マッチングアプリで起こるトラブルを避けるには、利用者の防犯意識だけでなくアプリ選びも重要です。