出会い系

ペアーズには悪質ユーザーを通報できる専用フォームがあります

実は ペアーズにサクラはいませんが業者はいる結果になりました

実は、ペアーズにサクラはいませんが業者はいる結果になりました。

ペアーズにいるビジネス勧誘目的の女性の見分け方を知っていても、万が一引っかかってしまったらどうしようと不安になる人もいるでしょう。

厳格な本人確認&24時間365日の監視体制などいくつもの安全対策を用意するペアーズですが、それでもわずかなスキを付いて潜入しようとします。

ペアーズは、投資やマルチ商法に勧誘目的の業者が多数います。

ペアーズには悪質ユーザーを通報できる専用フォームがあります。それは相手のプロフィールページから手続きする仕様なんですよね。

でも残念ながら、1通目でのLINE交換は不可能。そのような手法を防止するため、ペアーズは1通目の内容を審査対象にしているんです。

ペアーズ内で他サイトやビジネスへの勧誘のようなメッセージが送信されれば、すぐフィルタにひっかかってパトロールに削除されてしまう。

ペアーズユーザーのあいだでは「すぐLINE交換したがるのは勧誘か業者」との定説が周知されており、早い時期に切り出すとマイナス面が大きい!

ペアーズでも傾向は変わらない様子。男性が声を掛けないと、ダラダラとメッセージだけが続いて会うチャンスを逃すかもしれません。

ペアーズは、会員数が1,000万人以上と多いので「サクラも相当いるのでは…」と思っていませんか?

ペアーズは、出会い系アプリで多い「風俗斡旋」や「詐欺サイト」へ誘導する業者はほぼいません。

拓哉(たくや)はペアーズを悪用していましたが、このような詐欺的な誘導には、ほかにも↓のマッチングアプリが悪用されているケースがあります。

ペアーズは「交際相手を探す」アプリのため、プロフィールに自由や投資の話を全面に出す人は普通ではありません。

その為、こういった業者は必ずペアーズから離れたところで行動に出る。積極的にLINE交換を持ちかけてくるのもその為だ。

一見するとセレブな生活を送っている一般ユーザーにも思えますが、ペアーズは年収が抜けて高い「ハイスペック志向」の会員は少なく、そのようなアピール自体が怪しいです。