出会い系

異性の友達欲しい

異性の友達欲しい

しかしどのようにしたら、異性と健全な友情関係を持つことができるのでしょうか?ふつうに「出会い」を求めると、出会う相手のほとんどが恋愛対象としてこちらを判断してくるのではないでしょうか。

お互いにペット好きということで警戒されることなく、自然に異性と仲良くなることが可能ですよ。

今はインターネットの普及も受けて、男性でも女性でも、異性同士だけでなく同性が友達を作る機会も多く得られるようになりました。

異性の友達に対して気をつけるべきこと、やっていいこととやってはいけないことについて、頭に入れておきましょう。

オフ会や飲み会、習い事など同性異性を問わず色々な人と出会うチャンスがあれば、友達になれる要素がないかを探すのも重要です。

自分が相手のことを意識していなくても、相手に恋愛対象として見られる可能性が少しでもあれば、できればその交友関係は休止して距離をおいた方がいいかもしれません。「異性の友達」は一般にあまりべったりと近い関係ではなく、たまに会う程度が最も居心地が良く、トラブルも起きにくいでしょう。

異性の友達がもしできたとしても、行動を誤ると人間関係がややこしくなってしまうことになりかねません。

「異性の友達」という存在との付き合いを、誰かと摩擦を生むことなく健全に保つには、節度とマナーが大切なこと。異性の友達を恋愛対象外の同性の友達のように扱うことはやや無理のあることですから、超えるべきではない一線からはお互い身を引くようにしましょう。

そして、最もやってはいけないこととは、恋人のいる異性の友達と泊まりがけで遊ぶことです。

たとえば、ディズニーシーや水族館などのロマンチックなシーンのあり得る場所には、恋人を置いて異性と2人きりで行くのはやめましょう。もし、恋人がそういった場所が苦手で一緒に来られない、などの特別な理由があれば、恋人に伝えた上で遊びに行くのも良いかもしれませんが、そういった特別な理由がない限りはおすすめできません。

また、どこの国でも、自分の恋人と自分よりも仲が良さそうな異性の友達がいると嫉妬の気持ちがうまれるものですし、大人になると異性の友情というのはとても難しいのです。

実際のところ、異性の友達ができるというのはとても貴重な出来事です。人の性質にもよりますが、異性から見て魅力的な人ほど、異性の友達作りは難易度が上がりますし、恋愛体質的なタイプにとっても異性の友達作りは難しくなるでしょう。

異性の友達とは、どのような距離感を保つのが正解なのでしょうか。近づき過ぎても周囲の人の誤解を招き、人間関係を複雑化させるかもしれませんが、かといって仲が良いのに異性だからといって付き合いをやめてしまうのは、なんだか意識し過ぎているようで逆におかしいようにも思えます。

年頃や性格によっては、ついついモテを意識してしまうという人もいるかもしれませんが、そういう時期には異性の友達を作るというのは向いていないのでしょう。恋愛が面倒くさくなって「モテ」がどうでもよくなり、男女境なく小学生の頃のように遊びたい、といったような気持ちになったらいいのかもしれません。

友達作りや誰か交流をしたいときには、自分の趣味を通すのが一番。フェスやクラブは友達作りというよりは恋愛対象との出会いがメインとなってしまいますが、もっとマニアックな趣味であれば異性でも友達として付き合いやすいかもしれません。