出会い系

実は 私もマッチングアプリを使うことに不安を感じていました

実は 私もマッチングアプリを使うことに不安を感じていました

一方で、優良なマッチングアプリでも、マルチ商法や宗教勧誘などの「業者」は潜り込んでいる可能性があります。

実は、私もマッチングアプリを使うことに不安を感じていました。

結婚相手を探すことを目的としたマッチングアプリには、当然、近々結婚したいと思っている人が登録しています。結婚詐欺師にとっては、これ以上ないくらいターゲットが見つけやすい状況です。

なので、優良なマッチングアプリではサクラを雇うメリットがないのです。

もし既にマッチングアプリから退会していたり、一緒に退会しましょうと誘ったりしてきた場合は相手のことを信用して良いでしょう。

マッチングアプリでいいなと思う相手ややり取りする相手が現れたときには、まず相手のプロフィールをしっかり確認しましょう。職業と年収に矛盾がないか、あまりに完璧すぎるプロフィールでないかをチェックすると良いでしょう。

実際にマッチングアプリで出会った男性と会った経験のある女性にインタビューを実施。実際のエピソードを詳しく教えてもらいました!

マッチングアプリは、運営している会社が大きなところばかりで、セキュリティ体制やパトロール制度などが充実しており、安全を考慮した取り組みがされています。

まずは、マッチングアプリでマッチングしてから実際に会うまでの流れを簡単に説明します。

なるべく、マッチングアプリ上のメッセージ機能で待ち合わせの時間や場所を決めて会いましょう。

マッチングアプリでは、お互いに「いいね」することでマッチングが成立し、メッセージのやり取りができるようになります。

マッチングアプリを使用しているのは、恋愛や婚活を目的としている人ばかりではありません。中には、商売や宗教の勧誘を目的にマッチングアプリに登録している人もいます。

マッチングアプリで出会った人と初めて会う場合、時間は12:00~17:00の時間帯にしましょう。「ただの食事」と誘われていたとしても、時間帯が夜になると、おのずとお酒を飲む可能性が高くなってしまいます。アルコールのせいで終電を逃したり、さらには冷静な判断ができなくなったり。女性に無理にお酒を勧める輩もいるのです。そうした男性の下心を回避するためにも、デートはお昼から始め、夜になる前に早々と切り上げるのが最も安全な時間帯と言えるでしょう。

2. マッチングアプリの出会いって怖いの?

悪質なマッチングアプリの場合は「課金制」であることが多く、ユーザーに課金させればさせるほど儲けにつながるため、サクラを雇うメリットがあります。