出会い系

Tinder(ティンダー)の総合評価は星3.9です

Tinder(ティンダー)のコスパの評価は星4.8です

Tinder(ティンダー)の総合評価は星3.9です。恋活アプリや婚活アプリではないので彼女作りや真面目な付き合いには不向きですが、出会い系アプリとしてはトップクラスで優秀だと思います。ポイント制の出会い系サイトのように男性に課金させる目的のサクラが居るわけでもありません。

ティンダー(Tinder)の無料と有料の違いをなんとなく確認したところで、有料会員「Tinder Plus」と「Tinder Gold」の料金表をチェックしましょう。iPhone(iOS)とAndroidで課金額が違うので料金表を2つに分けています。

ティンダー(Tinder)には有料会員以外にも課金要素があります。それが「ブーストの購入」と「スーパーライクの補充」。こちらもiPhoneとAndroid、購入個数で料金が異なるので、分かりやすいように料金表でまとめました。

このページでは、Tinderを使い倒して3,000マッチした筆者が、Tinderの課金する価値について詳しく解説します。

さらに特徴的なのは、「相性のよさそうな友達にシェアしよう」という機能。
つまりTinderを使っているユーザーは友達に隠れながらコソコソ利用しているのではなく、Tinderで活動していることをオープンにしていることが前提とされているようです。
シェア内容はURLに変換され、転送方法は一般的なデータを共有するときと同じ要領になるので、例えばメモ帳に貼り付けて保存しておくことも可能です。

これを読めば、Tinderの攻略法が分かり、新しい出会いを楽しむことができるでしょう。

まず、Tinder Plusに課金している人は必ず課金解除してください。解約手続きはティンダー側ではなく、iTunes StoreまたはGoogle Playストアで行います。iPhoneとAndroidで手順が違いますので、詳細は解説記事を参考にしてみてください。

最後に、12ヶ月使ってみたTinder(ティンダー)の評価をまとめます。評価基準は多くの男性が気になるであろう「アプリの使いやすさ」「マッチ率(マッチング率)」「コスパ(対費用効果)」の3つに厳選しました。マッチングアプリをいくつか利用した私の体験談なので参考になると思います。

Match Groupといえばスワイプ型でマッチする「Tinder」が代表的なプロダクトですが、足元では海外事業の重要性が増しています。

Tinder(ティンダー)の使いやすさの評価は星3.5です。Tinder(ティンダー)みたいなアプリが後追いでいくつも誕生していますが、それらと比較してもデザインや使いやすさは郡を抜いています。マッチングアプリがはじめての初心者でも、使い方やマッチングの仕組みをすぐ理解することができます。

なお、Tinderは無料会員でも1日100Likeを送ることができるため、男女ともに相手のことをよく見ないでガンガンLikeを送る人が多いです。
設定から表示されるユーザーの性別・年齢・地域を絞り込む機能があるので、事前に検索フィルタをかけておくと良いでしょう。

ティンダー(Tinder)はどこまで無料で使えるのかと言うと「マッチ後に出会うまで」です。他のマッチングアプリと違い、メッセージが有料課金ではなく完全無料だから。ティンダー(Tinder)では無料でできることに制限があまりありません。

実はティンダー(Tinder)の料金はiPhoneよりAndroidのほうが安いです。6ヶ月・12ヶ月契約の割引率も高いのでお得。コスパが良いでしょう。しかし、おおまかな値段は変わりません。有料課金にかかる料金を想像できたでしょうか?

レベルが高い女性ユーザーを見極めるにはコツがいるで、最低でも1ヶ月くらいは無料会員で毎日100Likeを送り、マッチングした女性とたくさんメッセージ交換しましょう。
Tinderユーザーの特性と傾向を自らの経験で正しく理解することが成功への近道です。

Tinder(ティンダー)のコスパの評価は星4.8です。完全無料とまではいきませんが、男性無料のマッチングアプリなので普通に高評価です。もし、課金するとしても有料会員の値段は数百円~千数円という安さなので、他の人気マッチングアプリと比較しても断トツでコスパは良いです。