出会い系

マッチドットコム メッセージ 消えた

マッチドットコム メッセージ 消えた

「マッチドットコム」はアメリカ発ということもあり、他の婚活アプリと比べると使い方にいくつかの特徴があります。

マッチドットコムで婚活をする際に、相性が良くない相手からのメッセージが沢山きても困るでしょう。そんな時に使えるブロックと非表示という機能の違いを解説します。

マッチドットコムには多くの会員がいますから、その中から自分の運命の人を見つけるのは簡単ではありません。

マッチドットコム(Match.com)ではプロフィールの公開設定で非公開にすると検索に表示されなくなりますが、やりとり中の相手にだけプロフィールが表示されます。

などがあり、このうち強制退会の場合はマッチドットコム(Match.com)に再登録することもできません。

マッチドットコムは、「真剣なユーザーが多い!」という前向きな良い口コミが多数ありました!

そんな場合は、相手にブロックまたは非表示にされている可能性があります。
今回は、マッチドットコムにおけるブロックと非表示の違いと、それらの使い方を解説していきたいと思います!

なお、マッチドットコム(Match.com)ではログインしたことをアクティブと表示されます。

マッチドットコム(Match.com)では自分がログインした時間(履歴)がプロフィールの名前の横に緑の丸などのマークで表示されます。

マッチドットコム(Match.com)は、マッチングなしに最初からメッセージを毎日無制限に送れる婚活アプリ/サイトのため、他のアプリに比べて出会いの数が3~5倍多いのが特徴です。

これはどのアプリでも同じですが、「マッチドットコム」には実際に出会える相手と出会えない相手(登録しているだけで活動していない相手や無料会員の人)がいます。

マッチドットコム(Match.com)のログイン方法ですが、アプリ版、パソコンWEB版(PC版)、スマホWEB版ともにほぼ同じです。

マッチドットコムではブロック機能が、受信を拒否するという名称で使われています。この機能を使うことで、指定した相手からのメール、インスタントメッセージの受信を拒否することができます。
これは無料会員、有料会員に関わらず全ての会員が使える機能で、相手にはブロックしていることがわからないようになっています。

マッチドットコムでは、検索から削除の項目で指定した相手を次回から検索結果に表示しないようにすることができます。

マッチドットコム(Match.com)のログイン、オンラインのよくある疑問について解説します。