出会い系

ペアーズ メールアドレス 登録 バレる

ペアーズ メールアドレス 登録 バレる

アカウント複製などの不正の取り締まりはPairs(ペアーズ)に限らず、ネット全体で年々強化されているので、これまでの常識が通用しなくなることは多く、危険なマネはしない方がいいです。

というのも、Pairs(ペアーズ)には登録日順検索の機能があり、登録が新しいほど検索で上位表示される機会が多いからです。

Pairs(ペアーズ)の再登録(再開)方法は、退会後1ヵ月以上経っているのであれば、通常の新規会員登録と同じ手順で登録できます。

何かのきっかけで友達にスマホ画面を見せたときに、ペアーズのアプリのアイコンを見られてバレるパターン。

アプリの通知は要注意ですね!前にペアーズで出会った方とのデートの最中に、メッセージの返信の通知を見られてしまい気まずい感じになったことがありました……。通知がないと返信に気が付きにくいというデメリットもありますが、注意したいところです!

アプリによってはイニシャルから変更できない場合もありますが、ペアーズやタップルは変更できました!

まずは、ペアーズの登録方法とペアーズ内で公開される情報の違いから紹介します。

ただし、Pairs(ペアーズ)には3種類の登録方法があり、Facebook連携登録と電話番号登録、メールアドレス登録ではそれぞれ別のアカウントとみなされるため、登録方法を変えればすぐに再登録することができます。

このシステムは非常にありがたいのですが、当然ながらFacebookで友達申請していない知り合いはペアーズで表示されることになります。

一定の距離にある友達や知人を表示しない仕組みを構築しているペアーズですが、アルゴリズムだけで完璧に知り合いを非表示にすることはできません。

Facebookとペアーズのプロフィール画像を別のものにしておくと、万が一知り合いとアプリ上で遭遇することがあっても身バレする確率を減らすことができますよ。

ペアーズを登録する方の多くはFacebookから連携させて登録しますが、その際にFacebookでの友達はペアーズ内では表示されないような仕組みになっています。

Pairs(ペアーズ)の再登録(再開)の審査は新規会員登録と同じように審査されます。

もう一つ注意が必要なのは、お互いが非表示になるのは相手もFacebookでペアーズに登録している場合に限るため、相手が電話番号で登録していたら、Facebook上で友達でも表示されるのです。

ペアーズは顔写真でなくてもプロフィール写真として使えるので、もしも顔を知られたくない場合は後ろ姿やペットの写真などで代用することもできますよ。