出会い系

以上で ペアーズへの登録は完了です

国内で絶大な人気を誇るマッチングアプリ「ペアーズ」

電話番号認証後は顔写真をアップする前に、絶対にバレたくない知り合いがペアーズ内にいないか検索して(年齢、居住地、出身校などの条件で絞っていくと検索できます)、知り合いがいた場合にはあなたのことが見つかる前に『ブロック』してしまいましょう。

ペアーズにログインできない4つ目の原因として、ペアーズの規約違反で強制退会されているということです。

ペアーズにログインできない5つ目の原因として、SMS認証の場合は受信拒否にしている可能性があるということです。

ペアーズは会員数が非常に多いマッチングアプリですので、多くの人が項目を絞ってお相手を検索しています。

ログインの種類が分からなくなった場合は、登録しているメールアドレスやニックネーム、課金情報などをPairs(ペアーズ)にお伝えして問い合わせることで、ログインに利用していた種類を教えてくれます。

Pairs(ペアーズ)を利用していると、アプリの再インストールやログアウトが必要になる場面がありますが、パスワードを忘れてしまっていると再度ログインする上で困ってしまうことになります。ですが、Pairs(ペアーズ)のパスワードを忘れてしまった時の対象方法はとても簡単です。具体的に見ていきましょう。

利用するシーンとしても、再ログインする時のFacebook連携で情報を入力する時のみになりますので、「Pairs(ペアーズ)パスワード=Facebookのパスワード」と認識しておけば大丈夫です。

これからペアーズを使ってみようと思っている方のために、アプリ版とブラウザ版それぞれの登録方法をまとめてみました。

連携したFacebookアカウントのパスワードを変更した場合は、Pairs(ペアーズ)に再度ログインする場合に利用するパスワード情報も変更となります。そのため、パスワード管理ツール等でパスワードを管理されている場合は、Facebook側のパスワードを変更した場合には、Pairs(ペアーズ)のパスワードも記載を変更するようにしましょう。

これにより、マッチングした相手から1通目のメッセージが来ているのも関わらず、返信せずに自分が利用をしていても、オンラインの表示にならないので、相手は自分がペアーズを起動していないから返信がないんだと思ってもらうことができます。

国内で絶大な人気を誇るマッチングアプリ「ペアーズ」。利用してみたいけど知り…

Pairs(ペアーズ)のパスワードは、Facebook連携でPairs(ペアーズ)に登録していた場合のみに利用するものです。Pairs(ペアーズ)のパスワード=連携したFacebookのパスワードになりますので、パスワードが分からなくなった時には、Facebook側からパスワードの再発行をするようにしましょう。

ログイン時間はマッチング後、メッセージがお互い1往復した後は見えなくなります。
それ以外の相手には自分のペアーズ(pairs)の最終ログイン時間は、通常隠したり、非表示にすることはできません。

以上で、ペアーズへの登録は完了です。すぐに、プロフィールの内容をもとに数名の異性がピックアップされます。

Pairs(ペアーズ)には、Facebook連携の他に、電話番号認証・メールアドレス認証の二つの登録方法が存在します。しかし、この場合にはパスワードは利用することなく、認証コードを利用して登録・ログインを行うことになります。