出会い系

マッチングアプリの最初のメッセージでウケを狙うのはやめましょう

マッチングアプリは 始めたばかりの時が一番熱があります

マッチングアプリを利用していると、あまり好みでない相手からアプローチを受けることもあります。ゼクシィ縁結びの『非表示』機能は、名前のとおり相手から自分の情報を見えなくするシステムです。

いずれはマッチングアプリからLINEに移行したいと思いつつも、「どのタイミングで提案すれば良いか分からず、気づけばズルズルと時間ばかりが経っていた」なんてこともあるでしょう。

まだマッチングアプリで出会ったばかりの男性に、いきなりマイナスな面をさらしてしまえば引かれる恐れがあるためNGです。

ですのでこのメッセージはPairsではそこそこ良い反応が得られることと思いますが、他のマッチングアプリでも良い反応が得られるかと言えば、必ずしもそんなことは御座いません。

【初心者向け】登録必須のおすすめマッチングアプリと特徴を徹底解説!

きちんと「この人は信用できる人だな」と感じたときに個人情報を伝えるのがベストなタイミングです。不特定多数が閲覧できるマッチングアプリのプロフィールに記載するのは避けたほうがよいでしょう。

しかし、必ずしも「マッチングアプリで本名を聞いてくる人=危ない人」ではありません!

画面はチャットでサポーター(運営)に何でも相談しながら使える仕組みになっているため、マッチングアプリを初めてやる人には安心です。

実際にマッチングアプリをしている女性に届いたメッセージを参考にして、良いメッセージと悪いメッセージの違いをご覧くださいませ。

マッチングアプリは仕事の場やかしこまるところではありません。相手との距離感によって呼び方も変わります。『自分だけがずっと相手を名字で呼んでいる』のは少し不自然です。

会員数が累計1000万人を超える大型マッチングアプリ『ペアーズ(Pairs)』は、初心者が恋人探しをするときにもおすすめ。

マッチングアプリ出会った人に、すぐ本名を明かす必要はありません。本格的に交際するなら別ですが、初回デートでだけで終わってしまう相手もいます。

マッチングアプリの最初のメッセージでウケを狙うのはやめましょう。

マッチングアプリは、始めたばかりの時が一番熱があります。その後は徐々に熱が冷めていく傾向があるため、早めにLINE交換を提案した方が恋の成功率が高いです。

「初めて恋活をしてみよう!」とやる気になったら、大手マッチングアプリから利用してみましょう。異性の写真だけでなく、趣味や価値観で気の会う相手を探せる機能も充実しています。