出会い系

名前さん付け 女性心理

名前さん付け 女性心理

女性のことを苗字で呼び捨てにする時の男性心理その1は、相手の女性のことを下に見ているからという心理が考えられます。
苗字を呼び捨てにする男性の多くが、相手の女性のことを下に見ている場合があります。
親しみを持って呼び捨てにしているのではなく、相手が自分よりも下の立場だから呼び捨てにしても許されると思っているのです。
この手のタイプの男性は、基本的に相手よりも自分が上だと思っているので呼び捨てをする事が当然だと思っていて、相手のことを下に見ていること自体、深く考えていない場合が殆どでしょう。
仕事上の上司や先輩であれば、苗字を呼び捨てで呼んだとしても普通だと言えますが、同期であったり、仕事とは関係ないプライベートで苗字を呼び捨てにしてくる男性はこういった心理を持っている人が多いと言えます。

でも、女性は急に下の名前で呼び捨てにされるとやはり心理的に抵抗があるので、「こう呼んでもいい?」「これからこう呼ぶね!」という声かけはお互いのためにも絶対に忘れないようにしましょう!あなたも急に呼ばれても驚かないように気を付けましょう。

さん付け以外の男性の名前の呼び方の女性心理の2つ目として、呼び捨ては下に見ている可能性が挙げられます。女性が男性を呼び捨てにしている状況は、その男性との距離感が近いことを表すとともに、少なくとも上には見ていないことを示しています。

また、付き合う前までは他の人と同じ呼び方で呼んでいたけどカップルになってからは下の名前で呼び捨てで呼ぶようになると思います。 それは他の人よりより親しくなりたいからです。

女性のことを下の名前で呼ぶ時の男性心理その9は、下の名前で呼んだ時のリアクションを見たいからという心理が考えられます。
突然、下の名前で呼びかけてくる男性の中には、下の名前で呼んだ時のリアクションを見たいからという心理を持っている男性もいます。
この手のタイプの考えを持っている男性は、大きく二つに分けられると言えるでしょう。
一つは、下の名前で呼びかけた女性のリアクションを見て楽しみたいといういたずら心が働いている場合。
もう一つは、下の名前で呼んでも相手の女性が嫌がっていないかどうか確認をしたい場合。
下の名前を呼んだ時のリアクションを見たいという心理は、この二つに大きく分けられます。
前者の場合は、ただ単にいたずらしたいだけなので、そこに好意や悪意はないでしょう。
ただ、好意や悪意はなかったとしても親しみやすいと思われているからこそいたずらをしてくるので、相手の男性があなたのことを親しみやすいと思っている事は間違いありません。
後者の場合であれば、好意を持っている可能性が高いと言えるでしょう。
好意を持っているからこそ、下の名前で呼んだ時の女性のリアクションを見て、脈アリか脈ナシかを計ろうとしているのです。
基本的に脈アリかどうかを確認したくて下の名前で呼びかけてきたなら、その後の男性の態度で分かる場合が多いので気になる時は男性の態度に注目してみましょう。

付き合い始めたばかりのころはちゃん付けやさん付け、上の名前で呼んでいる人もいると思います。しかし、日数が経ってきてそろそろ呼び方を変えたいな。となった場合はこれも友達同様に声かけを大切にした方がいいと思います。

女性のことを下の名前で呼ぶ時の男性心理その3は、スムーズにコミュニケーションを取りたいからという心理が考えられます。
この手のタイプの男性は、年齢を重ねたおじさんに多いと言えるでしょう。
こちらの年齢にもよりますが、年齢を重ねたおじさんと呼ばれる年代の男性と知り合うのは、プライベートよりも職場や仕事関係が多いと思います。
しかし、職場や仕事関係で知り合うおじさんと呼ばれる年代の男性は、年下の女性や部下との接し方に悩みを持っている人も多いのです。
そして、少しでも壁をなくして、距離を縮める事で職場や仕事での人間関係が円滑にいくと考えているのがこの年代の男性なのです。
おじさんと呼ばれる年代の上司に「〇〇ちゃん(あなたの下の名前)!」と呼ばれた経験がある人もいるのではないでしょうか。
おじさんがそのように馴れ馴れしく下の名前で呼びかけてくるのは、スムーズにコミュニケーションを取りたいからなのです。

男性は女性に下の名前で〇〇ちゃんと呼ぶことがあります。これが急にちゃん付けに変わるのはなぜかと言ったら、男性側に何らかの気持ちの変化があると考えるのが自然です。呼び方を変えるのはすごく勇気がいることです。それでもあえてちゃん付けにしたということは、恥ずかしい思いをする危険をおかしてでも、あえてちゃん付けにしたかったからです。男性がちゃん付けで女性を呼ぶのは、もっとその女性と親密な関係になりたいときです。ちゃん付けで名前を呼べば、当然自分と相手との距離感が縮まるので、女性ともっと親しくなりたいと思う男性は、いままでの呼び方を変えて、相手に「えっ?」と思われるリスクを負ってまで呼び方を変えようとします。特に重要なのは、下の名前にちゃんが付いたという事実です。これが、名字にちゃんなら、ただのあだ名かもしれませんが、下の名前で呼ばれたなら確実にもっと仲良くなりたいという意思表示です。女性に片思いしている男性なら、本当は下の名前を呼び捨てにしたいぐらいの気持ちかもしれません。ただ、その男性に恋愛感情があるかどうかは、他の部分でもっと良く見極める必要があります。

『Archives of Sexual Behavior』誌に掲載された論文によると初対面の場合、男性が女性を見つめれば見つめるほど、その女性に興味を持つようになるそうです。

女性のことを苗字で呼び捨てにする時の男性心理その2は、女性扱いしていないからという心理が考えられます。
相手の女性のことを下に見ているという心理の他に、女性扱いしていないからというのも割と多いと言えるでしょう。
男性は、同性の友達や同僚のことを呼び捨てで呼ぶ事が多いので、その延長線上で女性のことも苗字で呼び捨てにしてしまうのです。
そして、そういった場合の殆どは相手の女性のことを女性だと思っていないという心理が考えられます。
友達や仲間だという認識を持たれている証拠ではありますが、恋愛対象とは思われていないのです。
もし相手の男性に対して恋心を抱いているなら、今後、女性だと認識してもらえるように女性らしい一面をアピールしていくと良いでしょう。
場合によっては苗字の呼び捨てから下の名前で呼ばれるようになったり、「ちゃん」付けで呼ばれるようになったりする可能性も大いにあります。

女性のことを下の名前で呼ぶ時の男性心理その4は、女性のことは下の名前で呼ぶと決めているからという心理が考えられます。
男性の中には、女性のことは下の名前で呼ぶと決めている男性もいます。
こういった男性は、女性との距離を縮めようという意図を持っている人もいれば、同性の男性には強い態度を取れないけど女性には強い態度が取れるという人もいるでしょう。
つまり、女たらしであったり、女性のことを下に見ているから下の名前で馴れ馴れしく呼びかけてくるのです。
こちらが好意を持っている男性から下の名前で呼ばれたら嬉しくなるかもしれませんが、この手のタイプの男性であれば素直には喜べないかもしれません。
見分け方は他の男性に対しての態度を見ていれば、比較的見分けやすいと言えるでしょう。
同性の男性に対して下手に出ている態度が見受けられるなら、この手のタイプの男性の可能性があります。

2位には定番の「下の名前を呼び捨て」がランクイン!
異性に下の名前を呼び捨てにされることってそう多くないので、やはり特別感を感じやすく、距離も近い気がしますよね。
他の人は苗字だったり、さん付けなのに、自分だけが下の名前を呼び捨てにされると、「この人も自分のことを特別に思ってくれているのかな?気があるのかな?」と期待してしまうそう。
ただし、距離感を間違えると「いきなり呼び捨てにしてくる馴れ馴れしい人」などといった残念なレッテルを貼られてしまうので、注意が必要です。

女性のことを下の名前で呼ぶ時の男性心理その1は、相手の女性との距離を縮めたいからという心理が考えられます。
男性が女性のことを下の名前で呼ぶ時、その多くが相手の女性との距離を縮めたいからという考えを持っているでしょう。
これまでは苗字で呼び合う仲だったのなら、尚更です。
いつまでも苗字で呼び合っていては、どこか他人行儀ですし距離感を感じる場合も多いでしょう。
だからこそ、頃合いを見計らって下の名前で呼び始めるのです。
好意を抱いているという可能性以外にも、単に仲良くなりたいと考えている場合もありますが、基本的に途中から下の名前で呼び始める男性の多くは相手の女性と距離を縮めたいと考えているケースが多いと言えます。
こちらも相手の男性と仲良くなりたくて距離を縮めたいと思っているなら、相手が下の名前で呼び始めたタイミングでこちらも相手の男性のことを下の名前で呼んであげましょう。
そうすれば壁をひとつ壊して距離を縮めていく事が出来るはずです。

もし、呼び捨てやちゃん付けで呼ばれた場合は心を広くもってください。あなたのことを下の名前で呼ぶことに悪意はありませんので。また、下の名前で呼んできた相手を呼び捨てにしてもいいと思います。もっと仲良くなれるかもしれませんよ。

男性は好きな女性を独占したいと思うものです。しかし、会えない時には「電話をする」という行動となって表れます。出会ってすぐはそうでもなかったのに、一度デートや遊んだ後、急に電話の回数が増えた場合脈ありのサインと思って良いでしょう。