出会い系

アルバイト求人広告のヤラセ(サクラ)応募はあるのか

だから サクラの男性がいないと成り立たない商売なんです

凄くブラックな話をしますが、受注をもらえた段階で契約は完結しています。営業にとっての目標は受注であって、顧客が採用できたかどうかは関係ありません。そのため自腹を払ってでも応募にコミットしてもメリットが存在しません。もちろん次も受注できるようにあれこれ努力するわけですが、ヤラセ(サクラ)応募という信頼性を落とす行為をしても営業側にとって意味がないです。

マッチングアプリはサクラのバイトについて紹介します。

当社が代理店を務めているマイベストジョブという求人サイトがあります。マイベストジョブは成功報酬型(採用課金型)求人サイトなので、採用初日にならないと料金が発生しません。そのためヤラセ(サクラ)応募は全くの無意味です(ただし勤務初日後のバックレは料金が発生し、返金規定はありません)。

◇サクラの8割が男
だから、私も含め、バイトは皆、初日に実態を知って驚くんです。まず、仕事場に案内されると、大部屋にパソコンが200台近くも並べてあり、圧倒されます。ヒップホップ系などイマドキのBGMが流れ、カタカタカタカタ…とキーボードを打つ音が響く。男女比は、おおよそ8:2で男性が圧倒的に多く、年齢は20代前半が多い。あまり若すぎても話が合わずにマズいようなのです。

第三の理由として費用対効果が合いません。100万円以上かけていれば少し違うかもしれませんが、サクラ応募を雇えば絶対に赤字になります。代理店にとって掲載料金から一定の手数料(マージン)が入り、そこから人件費を抜いた数字が利益です。

アルバイト求人広告のヤラセ(サクラ)応募はあるのか。アルバイト・パート領域以外に新卒や中途採用でもヤラセ(サクラ)応募はあるのか。採用担当者が疑問に思うサクラ応募の問題点や原因をまとめました。

◇サクラの返信が95%超
出会い系といっても、実際にサクラでない一般の女性と出会える比率は…..この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。

第二の理由として求人サイト側にメリットがありません。もしネットでサクラ応募があったと口コミが流れたら、そのサイトは信頼性が地に落ち、終わります。多くの企業がその求人サイトへの広告掲載を取りやめるでしょう。たかが一企業のために、サイトの命運をかけてまでサクラ応募をする理由はあると思いますか?

◇5つのキャラを並行して操る
そのためのマニュアル類もしっかりしています。トラフィックを増やすためには、余計なことは書かない、顔文字や絵文字を使う、情に訴える…。一般登録の女性はそっけないのが普通で、お客が「会おう」と言っても「いや」で終わってしまう。だから、サクラの男性がいないと成り立たない商売なんです。男の気持ちが分かるから、優しいメールを送れる。それで盛り上がっていく。