出会い系

マッチングアプリなどに潜り込んで 客を物色する人たちのことです

今回はマッチングアプリの要注意人物というテーマで解説してきました

主にサクラがいないマッチングアプリに言えることですが、メッセージが定額でし放題の場合は、サクラは基本いないです。

いわゆる『デリヘル業者』や『個人営業の女性』です。マッチングアプリなどに潜り込んで、客を物色する人たちのことです。両者の違いは営業形態だけ。目的は性的サービスの対価に金銭を求めることなので、共通点の多さが特徴です。

そんなマッチングアプリを始めるにあたって不安になるのが、迷惑ユーザーの存在。せっかくやりとりが続いても、相手がサクラだったら嫌ですよね。実はどのアプリにも業者は存在しています。ただ、サクラが少ないアプリや、本当に出会いに集中できるマッチングアプリもあります。

ペアーズは会員数が多いけど、「マッチングアプリってサクラや業者がいるんじゃないの?」と思ってしまい登録できない方はいないでしょうか?

ほとんどのマッチングアプリにサクラが存在していることは事実なのです。サクラの被害を避けるには「なるべくサクラの少ないアプリを利用する」、「サクラのことをきちんと調べ、万が一出会ったときのために対処できるようにしておく」ことが重要です。

20代前半~50代後半、身長150cm以上など、マッチングアプリに登録している方、ほぼ全員に当てはまる条件が「希望のタイプ」なんて人はいません。

マッチングアプリの運営がきちんと監視をしているため、サクラと呼ばれている業者は年々減り続けています。でも、サクラが0にすることは難しいのです。きちんと相手のプロフィールを熟慮したうえで安全なのか、自分自身で守ることも大切なことなのです。

男女比のバランスが良く、マッチングアプリでは男女比7:3が基本ですが、ゼクシィ縁結びは6:4となっています。価値観を大切にしたマッチングを基本としているため、共感できることが多かったり、一緒にいて落ち着くと感じれる方と出会いやすくなっています。

マッチングアプリには、「サクラ」や「業者」でもない迷惑な「ネカマ」もいます。単なる悪ふざけや、男性会員が女性会員からどのように見られるかを調べるために利用している可能性が高いです。

マッチングアプリで見られるビジネス勧誘では、一見して勧誘だと分からないにくい物もありますが、実はプロフィールにちょっとした特徴があります。プロフィールの写真が自然な物では無かったり、極端に少ない。また、収入源があいまいであったり、逆に医師や弁護士などステイタスの高い職業であったりします。

また、お2人の代わりにデートの日程調整を代行してくれる、嬉しいサービスがあり人気を集めています。リクルートでは安全管理もてっえ呈しており、サクラも少ないため安心です。20代男女の会員が多く、ほとんどの方が婚活のために利用を行っているマッチングアプリです。

つまり、ペアーズで業者の特徴を覚えると、他のマッチングアプリを使っても対策ができるようになります。

今回はマッチングアプリの要注意人物というテーマで解説してきました。

こうした勧誘もマッチングアプリでは規約違反ですが、個人的な連絡先を交換して以降のやり取りを禁止することは難しいため、判断が難しいところです。

また、アプリ側でFacebookの友達が10人以上いないと登録できないよう、設定しているマッチングアプリも多いので、さらに業者にとってはハードルが高い登録方法となっています。