出会い系

LINE サクラ一覧

LINE サクラ一覧

アドレス回収業者は、別名「LINE 誘導業者」とも呼ばれ、LINE ID を教える体で男性に LINE ID を送りつけラインをさせ、ラインのやり取りを通じてサクラ詐欺の出会い系へと誘導する場合もあります。

ハッピーメールなどの出会い系でLINEのIDを教えてくる業者と、ラインのやり取りをしてみると、しばらくすると「プライベートメッセンジャーでやり取りしたい」と称してサクラばかりの詐欺アプリのインストールを要求されることもあります。

LINEのやり取りから「プライベートメッセンジャー」と称して、サクラばかりのアプリのインストールを要求する業者は、ハッピーメールやPCMAXなどの本当に会える系の出会い系よりも、「TwoFace」や「マジアイ」、「エスエフ」などの出会い系アプリに多いです。これらの、年齢確認の手続きがなく使える出会いチャットアプリを使わないだけでも被害に遭う危険性は大幅に減らすことができます。

多くの男性が「無料」という言葉につられて、LINE ID交換サービスのある出会いアプリに登録します。しかし実際に出会うことはほとんどできず、日常生活に支障をきたすようになってしまうのです。

「いいね!」を送る時だけでなく、マッチング後のメッセージ交換でも引き続き、相手の様子を注意深くチェックしましょう。メールアドレスやLINEなどの連絡先をすぐに交換せず、しばらくの間はOmiaiのアプリ内でメッセージのやり取りをするのが基本です。

基本的には、LINE ID交換サービスを利用した出会いアプリは「出会えない」と思っていた方が良いかもしれません。今までにご説明したような状態が現実なので、出会えるどころか「迷惑」でしかないですよね。

「LINEかカカオやってる?」などのメッセージに返信しても、わざと間違ったIDやQRコードを教えるユーザーや、連絡先の交換をした後は返信が無いユーザーが確認できました。

逆に、LINE ID交換サービスを取り入れている出会いアプリは、無料の場合が多いです。タダほど高いものはない、という格言は出会いアプリにも当てはまるのですね。

逆に、LINE ID交換が前提の出会いアプリの場合は、運営している会社が明確でなかったり、すぐに移転してしまうなどといった不安要素が多いのが特徴です。

LINEに登録している名前が下の名前のみだったり、絵文字のみだったりすると、相手に「怪しい」「業者なのではないか」と思われてしまう恐れがあります。友達同士や家族同士のみのLINE利用ならば、どのような登録名でもかまいませんが、インターネットを介した出会いの場合は、ささいなことでも相手に不信感を抱かれるきっかけになってしまいます。Omiaiで知り合った相手とLINE交換するときは、登録名をフルネームにするのがおすすめです。

Omiai(おみあい)にサクラはいませんが、アプリを悪用し、LINEやメールアドレスなどの個人情報を集める悪質業者が紛れこむ可能性はゼロではありません。

相手からLINEの交換を求められたとき、「まだ連絡先の交換をしたくない」という場合があります。そのときは理由もあわせて伝えると、業者と勘違いされずに済みます。

また最近では・LINE仲介サービスです
・LINE交換申請メールです
・LINE招待メールが届きました
・友達追加依頼のメールが1件届いています
etc…いかにも本家のLINE株式会社が送信したかのように偽装してくるケースも目立ちます。

たとえば、「LINEは連絡手段として使っているので、普段のメッセージ交換はアプリ内でしたいです」、「以前LINE交換をして悪用された経験があるので、実際に遊びに行った時に交換するようにしています」など、個人情報を教えたくない理由と代替案を添えると、その後も関係を継続しやすくなります。

LINE 誘導業者(メアド回収業者)にアドレスを教えたり、ラインをするとどんな危険がある?サクラがいない出会える出会い系に女性として登録している LINE 誘導業者(メアド回収業者)に釣られてしまった場合の対処法や騙されないための対策について解説しています。