出会い系

「マッチングアプリでお金をかけたくない

ですがマッチングアプリの多くは「料金定額制」です

とはいえ、自分にあったアプリを最初から選べたら、より効率的ですよね。この記事では、マッチングアプリの選び方を解説し、比較できるように一覧にしてあります。ぜひ参考にしてください。

ゼクシィの婚活マッチングアプリ「ゼクシィ縁結び」会員数60万人突破!価値観診断で理想の相手探しをサポートする婚活アプリ。

Omiaiは、Facebookの会員だけが入会できるマッチングアプリです。Facebookの友達同士がお相手に表示されることなく、内緒で恋活・婚活ができます。不正ユーザーの排除なども徹底して行っており、安心して活動できます。

マッチングアプリでは「女性無料」となることがほとんどです。

『ゼクシィ縁結び』はブライダル情報誌「ゼクシィ」でおなじみのリクルートグループが運営するマッチングアプリ。

新型コロナウイルスの影響で出会いは激減……と思いきや、多くの人がマッチングアプリをはじめとするオンラインでの出会いに切り替えています。またオンラインデート機能(ビデオ通話)があるマッチングアプリもあり、直接デートできない状況でもオンラインで仲を深めることができます。やはりチャットだけだと相手の人となりがわからないので、オンラインデートはおすすめです!『Pairs』『with』『Omiai』『タップル誕生』『ゼクシィ縁結び』などは、LINE IDや電話番号を相手に伝えなくてもアプリ内でビデオ通話ができるので安心です。

彼女・彼氏探しなら真面目な出会い探しサービス [Pairs ペアーズ]Facebookを利用したマッチングアプリの老舗。5,600万組のマッチングが誕生。

「マッチングアプリでお金をかけたくない。」

「結婚を前提として婚活をしたい!」と考えている方が、「彼氏・彼女がとにかく欲しい!」と考えている会員が多いマッチングアプリを利用しても、結婚や恋が成就する可能性は低くなります。

マリッシュはバツイチやシンママ・シンパパの再婚活にぴったりなマッチングアプリです。

Match Japan(マッチドットコム)は、アメリカで1995年に運営開始し日本でも2002年にサービスをスタートした老舗のマッチングアプリです。

出会った男性は、LINE交換も直接会うまで控えてくれたり、お互いの意見が食い違ったときも「意見が違っても、僕たちの関係には何ら関係ないですよね」と言ってくれたり。ゼクシィ縁結びの男性は、落ち着いた人・結婚を真剣に考えている人が多いような印象があります。
(女性/26歳/東京都)出典:Appliv出会い「マッチングアプリ体験談」

マッチングアプリの目的は大きく分けて、ざっくりと次の3つに分けられます。

次々に、マッチングアプリ、恋活・婚活アプリが登場する中で、アフィリエイト目的のランキングサイトや比較サイトも増えてきています。「マッチングアプリ 比較」や「恋活アプリ ランキング」といったキーワードで上位表示されているサイトは、真面目に運用されているところが多いと思いますが、中には質の悪いサイトもありますので注意しましょう。ただ、どのアプリもインストールは無料なので、やはり、実際に使ってみて自分に合うものを取捨選択しながら見極めていく方法がおすすめです。

ですがマッチングアプリの多くは「料金定額制」です。出会い系サイトで主流のポイント制とは違い、何通メッセージをしても料金は変わりません。「料金定額制」はサクラがいくら活動したところで儲からないので、サクラを雇うメリットはゼロ。なので料金定額制のマッチングアプリに「サクラはいない!」と断言できるのです。