出会い系

Tinderがおすすめな人は次の4タイプ

リワインドは有料会員「Tinder Plus」の機能

これを機にどんどん会える人が増えて来て、現時点で既に約100人以上と出会いました。このことからもTinderはたくさんの人と出会えるマッチングアプリということがわかります。

実際、Tinder(ティンダー)で付き合う確率は推定1パーセント・結婚できる確率は推定0パーセントという結果が出ています。無料で使えるのでお金は無駄になりませんが時間は無駄になるので、他のマッチングアプリに乗り換えしてみてください。

Tinder(ティンダー)を利用している会員の特徴として真っ先にあげられるのは『美男美女が多い』ということ。理由の1つにTinderは画面の約8割が顔写真ということが挙げられます。

リワインドは有料会員「Tinder Plus」の機能。ティンダーに課金必須ですが、ライクやNOPEの操作を間違えたときにやり直せる便利な効果があります。使うときは画面左下の黄色い戻るマークをタップすると1つ前の画面に戻ることができます。

※TinderGoldに課金しなくても、アイテムとして購入することも可能。

Tinder(ティンダー)の最長距離とは、ライクするときにどこまで遠くの女性を表示するか決めるための設定です。例えば、10kmに設定すると自分の現在地から半径10km以内の場所で最後にアプリを使っていた女性が全員表示されます。

ティンダー(Tinder)のバイオってなんかわかりにくくないですか?

Tinder(ティンダー)の無料会員の退会方法は簡単で、自分のマイページから『設定』>『アカウントの削除』>『アカウントを削除する』という手順で退会できます。しかし有料会員の場合はまず有料プランの解約手続きが必要です。

ある程度メッセージのやりとりをし、お互いの事を理解できたら「今度ご飯行きましょう」とストレートに誘っても問題ありません。相手もメッセージをするためにTinderを利用しているわけではなく、出会いを求めてTinderを利用しています。

Tinder Plusには上記のような機能があります。

Tinderがおすすめな人は次の4タイプ。

Tinderは無料で使えるというのが魅力のアプリではありますが、TinderPlusやTinderGoldに加入するとさらに色々な機能を使うことが出来るようになり、出会いの幅が広がります。

Tinder(ティンダー)にログインする方法として、メールアドレスや電話番号を使う方法があるのですが、もう一つFacebookでログイン・連携する方法があります。

ちなみにTinder Plusを解除し忘れると、契約していたコースをそのまま継続して料金を請求されます。ティンダーを全然使っていないのに6828円かかることも。途中解約しても日割り計算はできませんが、それ以上の金額がかかりません。

マッチングアプリの火付け役ともいえる「ティンダー(Tinder)」ですが、遊び目的の利用者が多いなど様々な噂が飛び交っていることも事実です。
実際、噂は本当なのでしょうか?