出会い系

他のマッチングアプリと比べてもこの分布は大して差はありません

他のマッチングアプリと比べてもこの分布は大して差はありません

儲けを考えると悪質ユーザーからもお金をとってもいいところを、きちんと身分証明が出来ているユーザーからしかお金をもらっていないのです。
健全なマッチングアプリの運営をしようとする姿勢がうかがえますよね。

使い方はマッチングアプリと同じですが、食事デートを前提にマッチングするため、マッチング後は提携飲食店に行くだけでよく、安全に会うことができます。

ゼクシィ恋結びは大手のマッチングアプリと比べて会員数が30万弱と、1/10程度の規模のマッチングアプリです。
小規模ながら、私が300人にインタビューした中で一番本命彼氏・彼女ができる割合が多かったです。
「たくさんの人とは出会えないけれど、2〜3人と会っていい人が見つかるアプリ」という所感。

マッチングアプリでメッセージ交換を重ねて仲良くなっていくと、相手とLINEを交換することもあります。LINEのニックネームなどで相手の本名を知ることがあり、相手がそれに気づくと呼び方の変更を提案してくることもあります。

これだけの証明書がないと登録できません。
今まで生年月日と発行元の名称だけでよかったマッチングアプリでは登録できていた業者も、氏名まで提出を求められると気軽には登録できません。
まず同じ免許証で複数アカウント作成などはできないですよね。
この証明書提出義務により業者などはかなりふるいにかけられているのだと思います。

ゼクシィ恋結びはFacebokと連携しているマッチングアプリですが、最近では電話番号認証可能になりました。
これにより、Facebookを持っていなくても登録できるようになります。
そのため、以前はFacebook友達同士は表示されなかったのですが、Facebook友達同士でも表示される可能性はあります。

そこで、マッチングアプリで女性とやりとりをするとき、女性の呼び方をどうすれば良いかについて解説します。

しかし、それでも業者やヤリモクはいます。
マッチングアプリに限らず、彼らはナンパでも、合コンでも、街コンでも、どこでもいます。
もうこれはイタチごっこなのです。

マッチングアプリ(恋活アプリ)を使えば女性との出会いが増やせますが、彼女を作るにはメッセージやデートでのコミュニケーション能力が重要になります。このとき、「相手の名前の呼び方」について悩む男性は多いです。

そのため、相手の名前を呼ぶ機会があれば、「〇〇さん」のように「さん付け」で呼ぶようにします。このとき「〇〇」に入るのは、マッチングアプリのニックネームで呼ぶようにしています。例えば、恋活アプリのニックネームが「あかね」だと「あかねさん」と呼ぶようにしています。

マッチングアプリの呼び方は、相手のニックネームをさん付けしたものが基本になります。ニックネームは、仮の名前を使ったり、相手の下の本名を若干変更したものを登録していることが多いです。そのため、「ニックネーム+さん」で相手を呼ぶことで、相手も自然に呼び方を受け入れることができます。

画面はチャットでサポーター(運営)に何でも相談しながら使える仕組みになっているため、マッチングアプリを初めてやる人には安心です。

ゼクシィ恋結びは2019年3月6日現在、男女合わせて471,491人。
大手のマッチングアプリペアーズは370万人と比べるとまだ小規模のマッチングアプリです。

ゼクシィ恋結び男性会員の年収を調査しました。(未記入のぞく)20代が多いだけあり、200~400、400~600万円がボリュームゾーンですね。
1000万円以上の2/3が35歳以上の男性でした。
他のマッチングアプリと比べてもこの分布は大して差はありません。

多くのマッチングアプリでは有料課金すれば既読機能がつきますが、ゼクシィ恋結びには既読機能はありません。
その代わり、他のマッチングアプリでは何度かやりとりすると見えなくなってしまったり、課金しないと見れない相手のログイン表示を見ることができます。