出会い系

tinder 中国人 株

tinder 中国人 株

前回、中国で「探探」を使ったときに「中国人は追撃が激しい!」といいましたが、今回も似たような人を見つけました。

そのため、よく「中国版Tinder」とも言われています。

しかし、マッチングアプリで投資を勧めてくるアカウントは、実際には女性ではない可能性が高いです。プロフィールの写真で画像検索をすると、赤の他人の写真を無断使用していることもあります。ネットの向こうにいるのは美しい中国人女性ではなく、詐欺集団であると冷静に考えるようにしましょう。

というわけで、投資の話を断りました。すると急に返事が来なくなったので、やはり詐欺だったのかもしれません。しかしタダで中国語の練習ができたのでよかったです。

現状では、中国人の個人投資家の中には、ギャンブルのような感覚で株を売買している人は少なくありません。

先日、台湾の子に「いいね」をしていると厦門(アモイ)の美人とマッチしました。アモイは、台湾から海を挟んだ中国大陸側にある特別経済地区のことです。

この項目の最初に書いた「中国人の個人投資家が殺到する取引所の様子」とは、実は中国本土市場の「A株」についての話なのです。

マッチングした相手が綺麗すぎると感じた場合は、スクリーンショットを撮り、Google画像検索にかけてみましょう。台湾や中国のインスタグラマー・モデルがヒットした場合、100%悪用です。

しかしtantanは、Tinderよりも詐欺が少ないです。必ず顔の写った写真を登録しなければならず、そのうえで本人の顔と登録写真の認証があるため、なりすましがほぼ不可能だからです。中国のアプリですが、日本版アプリは日本の会社が国内で運営しているので安心です。

テンセントは日本で言うと「トヨタ」みたいなもんです。つまり、村上ファンドみたいな人がトヨタの株価を捻じ曲げるというのです。かんたんな算数の話です、それはムリです。

彼女は積極的にメールくれて中国語で楽しく会話してたのですが、ちょいちょい投資の話が出てきました。

ちなみに、香港の公用語は「広東語(かんとんご)」です。広東語は中国の方言の一つ。方言とはいっても、中国の標準語とは大きく異なっていて、ほとんど別の言語と言ってもいいくらいだそうです。

マッチングアプリや出会い系サイトでは、中国人女性の美しい写真を鵜呑みにして、「こんな綺麗な人が投資を勧めてくれている」と思い込んでしまいます。