出会い系

出会わない トークアプリ

出会わない トークアプリ

オルカ(ORCA)は、ユーザー数が2,000万人程度にも上る巨大暇つぶしチャットアプリです。機能も大変豊富で、トーク、タイムライン、無料通話などレモン(LEMON)に負けていません。

まず、先ほども触れましたが、レモンは利用規約により出会い禁止です。この利用規約を無視して、出会いに使っているとこんなリスクがあります。

氏名や住所などの個人情報から個人を特定されてしまい、ストーカー行為などの危険なトラブルに巻き込まれるケースもあります。

Dスケ:mixiで会う人いましたね。でも、その頃ってまだネット上で知らない人と出会うってなんだか「いかがわしい」というイメージはありました。でもOmiaiとかPairsが出てきてから、「フツー」になってきた印象です。

マッチングアプリを利用している2~30代、彼女持ち、ガラケー時代から出会い系を使っている人、など多様なバックグラウンドを持つ5名の方にインタビューしました。この人たちです。

そのため、出会い目的ではない人も楽しく利用することができます。

結果としては、平成生まれ女子はフツーに出会っていました。で、僕はこのインタビューを読んでいて一個だけ府に落ちない点があったんですよ。

Dスケ:ところで皆さんはリアルでの出会いは無いんですか?ナンパとか合コンとか。

教授:そうですね。怖いというより質が悪かったんですよ。サクラや風俗の業者がすごい多くて。こっちは真剣に出会いたいのに、いざ会ってみるとお金を要求してきたり。今と違ってサイト内には怪しい人の方が多かったんですよ。10人会ってまともなのが1人いたらラッキーだな、くらいです。

Dスケ:(ガラケーの時代からって一体何歳から…)へえ、昔の出会い系は怖かったんですか?

ただマッチングして会うだけでなく、SNSのようなつぶやき機能やコミュニティ機能なんかもあって、いろんな方法で出会うことができました!

佐藤さん:その後はmixiで出会ったりしたよね。自分の興味のあるコミュニティで会話して仲良くなってさ。そんなに危ないってイメージは無くなっていった気がする。

佐藤さん:日本にTinderが参入してから間もないからだと思うんだけど、確かに外国人は多いね。前に会った人はフィリピン人だったし。でもTinderって本当に出会い求めてるアプリかって言われると違う気がするよ。なんか画面に出てくる人を見て「アリ!ナシ!」を判断するだけ、みたいな。

Dスケ:確かにネット上の出会いを振り返ると「身バレ防止」「実名制」に対応している今のマッチングアプリは安全そうだなーって思いますよね。鈴木くんもマッチングアプリを利用する時はやっぱりその辺のことを意識しましたか?

また、レモンは出会い系アプリではありません。詳しくは後ほど説明しますが、出会い系規制法の対象外のアプリなので、そもそも出会い目的で使用することはおすすめできません。