出会い系

趣味友達 アプリ

趣味友達 アプリ

ユーブライドは累計会員数150万人が利用しているマッチングアプリです。30代のユーザーを中心に様々な職種の会員が登録しています。

シェイプアップを目的に多くの男女が取り組む水泳ですが、ジムなどのプールで出会いを得るのはやや難しめ。出会いが目的ならば、共通の趣味で話のキッカケを得られるアプリの方が効率的でしょう。中でも『Pairs』内の水泳コミュニティには、1万ユーザーが所属するほど活発。理想の相手探しも十分に期待できるユーザー数なのがうれしい点です。

茶道はもともと女性中心の習い事。女性にとってはなかなか男性との出会いがない趣味なだけに、多くの人が利用する出会いアプリの方が出会いやすくなるでしょう。『Pairs』の茶道コミュニティには男性が多いものもあり、普段は異性との出会いがない女性でも、茶道を通じた出会いをサポートしてくれます。

マッチングアプリを利用すると、一人一人のプロフィールを見るのに時間がかかってしまい、自分と合う趣味の人を探しにくくなりがちです。

withはメンタリストDaiGoさん監修の元、本当に合う相手探しを心理学でサポートしてくれます。共通点から相手を見つけたり、相手の相性に合わせたアプローチをサポートしてくれるため、どのように相手を探せばいいのか分からない!という方にも安心です。

そこで、ここではマッチングアプリが趣味友探しにおすすめな理由3つをお伝えします。

スマートフォン一つで様々な地域の趣味友ができるので、コスパがとてもよく、出会いやすいと言えるでしょう。

山ガールブームを境に登山を趣味にする人は増えたものの、登山はペースを揃えるために同性同士のグループになりがち。そのため出会いアプリは、リアルの場でできにくい「登山趣味の異性」と仲良くなりやすい場所として重宝されます。中でも『Pairs』は「登山好き」のコミュニティもあり、所属するユーザー数もまずまずの多さ。登山に興味があるならオススメできるアプリです。

【こんな人におすすめ】 ・あくまでアプリ上でやり取りしたい人 シンクルならば匿名ということもあり、思う存分、共通の趣味を持つ人と好きなものについて共有できます。

マッチングアプリ…初めての方は未知との遭遇。少々ビビる。アプリを …

バンドなどを組んでいる場合にはある程度の出会いがあるかもしれませんが、1人で楽器演奏を楽しむ人はなかなか出会いのキッカケを得づらいでしょう。そうした同じ境遇の人が出会いアプリには多く、特に『with』で多い印象。「どんな曲弾くんですか?」「前はバンドやってたんですか?」のように、話を広げれば良い出会いに繋がりやすいでしょう。

男女ともに習い事の代表格であるダンスには、チームでのパフォーマンスが重視されるものもあり仲を深めやすいのが特徴。ですが異性とも仲間意識が芽生えやすく、なかなか恋愛に発展しづらいリスクも秘めています。その点仲間として友情を深めることのないアプリでの出会いは、恋人探し向き。『タップル誕生』では数十万人規模のダンスコミュニティがあり、趣味を通じた恋人探しをサポートしてくれるでしょう。

「ひょっとしたら旅行先で出会いが……」と期待してしまう気持ちもわかりますが、そう都合よくステキな異性に話しかけられるなんて稀な話。旅行好きの人と出会うなら、アプリを使うのが無難でしょう。『Yahoo!パートナー』のようなコミュニティ機能のあるアプリなら「旅行好き」はもちろん「ヨーロッパに行ってみたい」「国内派」など細かく好きな旅行先がわかるのもポイント。お互いの旅行話を通じて、関係を深めるヒントになってくれるでしょう。

アプリによってはコミュニティの機能があるアプリがあり、自分に合う趣味のコミュニティも見つけられれば、コミュニティから趣味友と出会えるメリットがあります。

コミュニティ機能は共通の趣味で繋がるだけでなく、最初のデートのネタとしても利用することができるので、マッチングした際に相手の入っているコミュニティはしっかり確認しておくことをオススメします。