出会い系

「マッチングアプリって結局出会い系でしょ?怪しい…」

「マッチングアプリって結局出会い系でしょ?怪しい…」

withはメンタリストDaiGoによる性格診断がある新感覚のマッチングアプリです。診断結果を元に相性がいい相手を表示してくれるので、同じ趣味や価値観を持つ人と付き合いたい人にはぴったり。また、初心者に優しい丁寧なアドバイスがついているのでマッチングアプリを初めて使う人にもおすすめです。会員も比較的若く、学生も多く登録しています。

マッチングアプリや婚活パーティーの利用で成婚できない「約8割の独身男女」が顧客になる業種が結婚相談所です。

 そのため、マッチングアプリの醍醐味である複数のメンズと同時進行で出会い、実際に遊んだり話してみてから徐々に絞って選ぶ、という経験はしていない。

結婚相手に見つけたくて、「ゼクシィなら冷やかしではない真剣な婚活ができそう!」って思ってはじめました。
出会った男性の中に、見た目も高校や中学のクラスで必ず1人はいるタイプの人で、最初は「親切そう」って人がいたんですが、話してみると笑えるような話も突っ込みどころもなく、可もなく不可もなくといった感じで……。真面目な人が多いだけに、くだけた感じの人・面白さには欠けると思いました。
(女性/32歳/群馬県)出典:Appliv出会い「マッチングアプリ体験談」

これまで話してきた方向性とは少しずれるが 、マッチングアプリを使用して相手を探すとどうしても理想が高くなってしまう人がいる気がする。

ご存知の方も多いと思うが、男性会員は女性会員と異なり、マッチングアプリの使用は課金が前提になる。決して安くはない金額を払ってはじめて女性とやりとりができるようになるため、課金したからには絶対に相手を見つけてやるぞ!と意気込む方も多いのではないだろうか。

マリッシュはバツイチやシンママ・シンパパの再婚活にぴったりなマッチングアプリです。

マッチングアプリには数百万人が登録しているので、事前に共通の友達がいるかどうか知ることが難しいです。となると、知人から相手のことを聞きだせなかったり、どこでどんなことをしている人か、本人からの情報しかないため、信ぴょう性がない場合があります。

何事もメリットデメリット、向き不向きがあるようにマッチングアプリは万人向けのツールとは言えない。これは自分はもちろん、周囲のマッチングアプリの実体験を見ていて得た結論である。

「マッチングアプリって結局出会い系でしょ?怪しい…」

より安心して使うために、続いてはマッチングアプリで怖い思いをしないための注意点を解説します。

何か信ぴょう性のあるデータがあるわけではないが、少なくともフェードアウト上等のマッチングアプリで一週間ほどやりとりが続いているのであれば会話の流れとは関係なく食事に誘っても問題ないだろう。

相手が信用できる人か、相手が遊び目的でマッチングアプリを利用していないか見極めるために、メッセージは1ヶ月程度続けて相手の態度が変わらないかどうか確認してみるのがおすすめです。はやく会いたいと言ってきたり、連絡が途切れる相手は遊び目的の可能性が高いです。

マッチングアプリの多くはFacebook連携が可能で、連携すると上の画像のように「Facebook上の友達に身バレしない」ようになっています。Facebookでつながらない人にはバレる可能性はありますが、今回のアンケートでは「身バレした」と回答した人は0人。「身バレの可能性は、ほぼゼロ」と考えていいでしょう。

このように、マッチングアプリにありがちな無難な話題や形式的な会話をすっ飛ばし、例えば趣味だったり斜め上の質問などの一歩踏み込んだ話題でメッセージを送ることで相手に新鮮味を覚えさせ、強烈な印象を残すことができる。