出会い系

tinder 年齢確認 エラー

tinder 年齢確認 エラー

マッチングしたのに相手にメッセージが送れないのは、一時的なエラーが原因の可能性が高いです。Tinder(ティンダー)を再起動したり、再ログインすることでバグが解消されるかもしれません。メッセージが送れないときは是非試してください。

また、「メッセージの最後で改行すると不具合を回避することができた」という解決事例もあります。文章を打ち終わったら改行ボタンを押して送信してみてください。再起動や再ログインで解決しないエラーを治せるかもしれません。

ユーザー数が大手マッチングアプリに勝る中で毎日100Likeのノルマをこなすのは結構大変です。
希望条件で相手の年齢や距離を広げすぎると実際に会うまでに至りにくいです。

相手のメッセージが見れないときも、一時的なエラーが原因の可能性が高いです。アプリの再起動や再ログインを試すことをおすすめします。Tinder(ティンダー)でマッチが消えたときもこの方法で解決することが多いです。

数あるマッチングアプリの中でも、Tinder(ティンダー)はログインできないエラーやバグが多発しているアプリです。一番多いと言っても過言ではありません。今回様々な対処法を解説しましたが、簡単には治らない不具合も沢山あります。

毎日Likeがリセットされたら、近場で希望年齢を狭くして可能な範囲でLikeをします。
そして、行き詰まったら100Likeを消費するまで少しずつ範囲を広げていきましょう。

以上の対処法でバグが治らないときは、次の女性を探すことをおすすめします。Tinder(ティンダー)はエラーが多発しているアプリなので、気にするだけ時間の無駄です。その女性以外は普通に会話できる可能性に賭けることをおすすめします。

ティンダーのアプリ側のエラーや不具合、バグの可能性もあるので、これらの方法でログインできない場合は時間を置いてから試してみましょう。

また、スマホ本体に不具合がないかどうかを確かめてください。他のアプリでも落ちるエラーが発生しているなら、スマホのスペック不足が原因です。携帯ショップで修理をお願いするか、新しいスマホに買い換えるのが一番です。

40303エラーでアカウント削除されると、二度と復活することができません。同じ電話番号やFacebookで再登録ができないので、別の方法でアカウントを作り直す必要があります。ただ、強制退会のあとに再登録することも規約違反です。

エラーでログインできない場合、以下のように表示されます。

メモ帳を使うのが面倒な人は他のマッチングアプリに乗り換えすることをおすすめします。Tinder(ティンダー)のような海外のアプリではなく、日本国産のアプリなら普通に改行できます。エラーや不具合の数も圧倒的に少ないです。

そのため、Tinder(ティンダー)がエラーで使えないときは、他のマッチングアプリを使うことをおすすめします。ひとつのアプリだけにこだわるのは時間の無駄です。複数のアプリを掛け持ちしていれば、不具合を気にする必要が一切ありません。

なお、Tinderは無料会員でも1日100Likeを送ることができるため、男女ともに相手のことをよく見ないでガンガンLikeを送る人が多いです。
設定から表示されるユーザーの性別・年齢・地域を絞り込む機能があるので、事前に検索フィルタをかけておくと良いでしょう。