出会い系

変わった仕事 2ch

変わった仕事 2ch

実際に2chのスレッドでも、「アルバイトを6年間したあとに社員登用された」という人がいました。

20代のときは正社員と比べても変わらないくらいの収入もしくはそれ以上の収入があったのに、30代になるとどんどん追い越されていくのがフリーターです。

確かに、フリーターも正社員も収入はそう変わらないのが20代。ここで、「このままフリーターでも十分じゃん」と錯覚してしまうケースは多いです。

30代になると状況は大きく変わり始めます。ネガティブな書き込みが多いですね。

自分と他人は違うってことを前提にしておけば、少し変わっていたり、嫌な性格の人に会ったとしても「へー、こういう人がいるんだね」って、やり過ごせるようになります。

バイトで「発見する喜び」を味わいたいなら、遺跡調査の発掘、探偵のアシスタントなどにチャレンジしてみては。「遺跡調査」「調査補助員」などの職種で、ちょくちょく募集があるよう。
同じ探すつながりでも、携帯電話の電波調査や遺品探しや遺品整理といった、ちょっと変わったモノを探す職種もレア感大。また、近年増えている「お酒の買取・査定」といったバイトでは、幻のお酒に出会えるかもしれませんよ!

コレぐらいの頻度で続けていくことで、想像が実感に変わっていくんだと思われます。

もちろん、会社に就職したからといってその特性が変わることは滅多にない。社内外の人との折衝とか、仕事上の人間関係で悩む人が多いのも頷けますよね。

もはや、一つの会社にしがみつかなきゃいけない理由も、絶対に日本にいなきゃならない理由も無いんです。ストレスの種になっている職場環境や上司、取引先の人たちが変わることはそうそうないと諦めて、自分から外に出て行ってしまいましょう。

今回は、2chに書かれているフリーターの生の声をもとに、フリーターとして生きていくことや、その問題点について今一度見直してみたいと思います。

父:その可能性がある。これが「人類の生活がガラッと大きく変わってしまう」っていう意味だ。もう今までみたいに大勢が集まって楽しいイベントをやったり、自由にあちこち旅行に出掛けたり、学校にみんな集まって勉強したり、ってのは出来ないんだと思う。

「LANDFALL」は活動内容とオタク・ネット文化が直接は関係ないため、趣味がバラバラでいいという寛容性がありました。それでありながら、尖った一芸を持つ変わり者のメンバーが多かった。

フリーターとして生きていくことを長いスパンで見てみましょう。フリーターの人生についてフリーター自身がどう感じているのか、ここで2chの投稿を参考にしながらまとめていきたいと思います。