出会い系

愚痴聞きのバイトをしている方は リスニングスタッフと呼ばれます

愚痴聞きのバイトをしている方は リスニングスタッフと呼ばれます

ですが、クライアントの中には、リスニングスタッフにアドバイスを求めてくることがあります。この時にアドバイスや提案をしても、それを不快に感じるクライアントや、怒ってしまうクライアントの方もいます。

愚痴聞きバイトの大変なところは、なんといっても人の話を聞くことそのものではないでしょうか。クライアントはとにかく愚痴や話を聞いてもらえると思い、電話をしてきています。その話に対して、アドバイスや解決法を提案したいことが出てくる時があります。しかし、提案に対して不快にかんじるクライアントや、怒ってしまうクライアントもいらっしゃいます。もちろん、あなたならどうするかと求められた場合は別ですが、基本的には愚痴聞きの仕事は話を傾聴するということが一番大切な仕事で、大変なところです。また、愚痴聞きの仕事のデメリットとして、クライアントに転移を起こしてしまい、リスニングスタッフの体調が悪くなったり、考え方が変わったりと影響を受けてしまうことです。自分をしっかりと持って話を聞くことが必要になります。愚痴聞きの仕事は在宅でできることがあります。その際に、テレビを見ながら話したり、何かしたりしながら電話することは厳禁といえます。また、お子さんがいる家庭では注意が必要になります。クライアントが電話をしている最中に、受話器の向こう側からテレビの声や子どもの泣き声が聞こえてきたら、どのように感じるでしょうか。不愉快な思いをするに決まっていますよね。なにかを食べながら電話にでるのも、態度が非常に悪いので、避けましょう。クライアントが気持ちよく話をできるような環境をつくり、話を聞いてあげるのがリスニングスタッフの役目です。クライアントに聞こえるかもしれない音や雑音には注意を払うようにしましょう。

私が勤務しているところでは愚痴聞きではなく「リスニングスタッフ」という名前です。特に資格が必要というわけではないのですが、面接時に臨床心理士の資格を持っていると伝えると手当てがつきました。仕事は音声チャットで行っていて、資格持ちだと指名されやすくなるので指名料も期待できます。私のように「臨床心理士の資格を持っているけどフルタイムで働くのは厳しい」という人には特におすすめだと思います。

ノルマを達成する条件なども決まってはいないので、絶対に目標を守らなければいけないと気負いする必要はありません。愚痴聞きのバイトをしている方は、リスニングスタッフと呼ばれます。愚痴を聞くのは指名制となっている企業が多いので、親身になってクライアントの話を聞くと、評価も上がって稼ぎやすくなります。

クライアントの方は、とにかく愚痴や悩みの話を聞いてくれると思って電話をかけてきます。リスニングスタッフは悩みを解決するための糸口や、アドバイスとなる言葉を必ず言わなければいけないという決まりはありません。アドバイスをすることでクライアントと揉めてしまい、トラブルの元にもなってしまいます。