出会い系

マッチドットコムは18歳未満の使用が禁じられています

マッチドットコムは18歳未満の使用が禁じられています

もしも、マッチドットコムがサクラを雇っていると世間に知れ渡れば、マッチドットコムだけでなく、会社全体の社会的信用を失います。よって、大きなリスクがあるサクラを使うとは考えにくいです。

マッチドットコムには身バレ防止機能の「プライベートモード」があるため、身バレ防止機能がないアプリと比べるとバレにくいです。

今回、マッチドットコムを利用している全国の男女に編集部独自でアンケートを実施しました。良い点だけでなく悪い点も回答していただいたので、ぜひ参考にしてください。

マッチドットコムは18歳未満の使用が禁じられています。

マッチドットコム(Match.com)のサイト側に問題がある時は会員全員がログインできない状態なので、公式サイトでは何らかのお知らせをしています。

また、マッチドットコム(Match.com)のサーバ会社自体が通信障害になっている場合は、マッチドットコム(Match.com)以外のアプリやサイトでも同じ問題が起きているため、ネットやツイッターなどでサーバー会社がニュースになっているはずです。

マッチドットコムのユーザー名は英数字とアンダースコア(-)しか認識されません。かな文字では登録ができないので、もう一度見直してみましょう。

今回は、私がマッチドットコムを使って「何人に会えるのか」「どんな人に会えるのか」を調査してきました!

マッチドットコムの悪い評判では「メッセージが返ってこない」というものが多かったです。理由としては、検索で有料会員も無料会員も区別なく表示され、メッセージを送れない無料会員とマッチングしたためでしょう。

マッチドットコムは、独身証明書など公的証明書がアップロードできるため、ユーザーの真剣度が高いです。また、男性だけでなく女性も有料なため、お金を払ってでも出会いたいユーザーが多く利用しています。

マッチドットコムは、6ヶ月コースで登録すると「恋がはじまる保証」サービスがついてきます。恋がはじまる保証は、6ヶ月プラン登録期間中に恋人や結婚相手が見つからなかった場合、6ヶ月コースを無料で延長してくれるサービスです。

なぜなら、月額会員制のシステムでサクラを雇おうとしても、従量課金と違い1人あたりから得られる利益に限度が生じてしまうので、マッチドットコムがサクラを雇うメリットが少ないからです。

男性会員にメッセージのやり取りをたくさんさせて「男性に従量課金(ポイント購入)をさせる」ためにサクラを雇うマッチングアプリがありますが、マッチドットコムは月額会員制のシステムで、サクラを雇う理由はありません。

ただし、半額メールが利用できるのは、web版からの支払いのみです。iOS版とAndroid版を利用している方は、端末のブラウザからweb版マッチドットコムにログインしましょう。

マッチドットコムは30代以上のユーザーが多いため、20代の婚活には向きません。20代で婚活をしたい方は、Omiaiを使いましょう。