出会い系

暴力団事務所 神奈川

暴力団事務所 神奈川

素早く助けを求めることができる応対できるよう、場所を決めておきましょう。暴力団等の指定する場所や、組事務所には出向かないことが重要です。

暴力団関係者からの不当要求については、いわゆる「暴力団対策法」という法律で規制されています(正式には「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」)。この法律では、指定暴力団員に対して「暴力的要求行為」として、「人に対して、企業や団体の不正な経営内容や異性問題のスキャンダル等、人に知られていない事実の宣伝又は公表にかこつけて、口止め料として金品等を要求する行為」や「人に対して、寄附金、賛助金、その他名目のいかんを問わず、みだりに金品等の贈与を要求する行為」をはじめ、27の行為を禁止しています(暴力団対策法9条)。これらの行為を行った場合は、都道府県公安委員会もしくは警察署長より「中止命令」や「再発防止命令」が出され、これらの命令に違反すると懲役又は罰金刑に処せられます()11条、49条1号)。

湯茶を出すと、暴力団関係者の居座りを容認したことになりかねず、凶器に使用される場合もあります。接待は不要です。

受付担当者は、来訪した暴力団関係者の氏名や人数を把握して、責任者に報告しましょう。

「共同住宅から立退きを求めたら、法外な立退き料を要求された」「上納金の支払いを求められている」「個人的に脅されている」等、暴力団関係者からの不当な要求でお困りの際は、弁護士にご相談下さい。ここでは、不当要求への対応について解説します。

暴力団は「一筆書けば許してやる」等と詫び状や念書等を書かせたがりますが、後日金品要求の材料などに悪用されがちです。署名や押印は禁物です。

相手の暴力団関係者の住所、氏名、所属団体名、電話番号を確認し、要件の確認をしましょう。代理としてきた場合は、委任状の確認も行います。

暴力団関係者の応対は、組織的に実施することが大切です。要求に即答や約束は禁物です。

週刊文春9月28日号に、野田聖子(総務大臣)の夫は元暴力団員(会津小鉄会)であるという記事が掲載されました。しかも前科2犯。野田聖子は出会う前のことで、今は足を洗っていると言いわけをしていますが、暴力団員なんてみんな人権を踏みにじって平気な輩なわけで、すなわち人ではありません。そんな相手と結婚している野田聖子も、まともな人間なわけがありません。そもそも政治家なんて、ヤクザか右翼か宗教団体がらみ。みんなまともな人間じゃないので、さほどおかしな話ではないのですが。

暴力団関係者は、論争に持ち込み、応対者の失言を誘ったり言葉尻を捉えて厳しく糾弾してきます。「申し訳ありません」、「検討します」、「考えてみます」等は禁物です。