出会い系

「梅毒」は初期段階で治療をすれば必ず完治する病気です

梅毒ではできもの 淋病では喉の痛みが出ます

症状がないこともあります。治療しないでいると病気が進行します。・第1期感染後約3週間で、感染した場所(性器、肛門、口など)に、できもの、しこり、ただれなどができます。治療しなくても、数週間で症状は消えます。・第2期 第1期の症状が一旦消えた後に、1~3か月経つと、手のひらや足の裏など全身に発疹やブツブツができます。治療しなくても、数週間~数ヶ月で症状は消えます。・潜伏梅毒 症状がないまま何年も経過することがありますが、皮膚や内臓で病気は静かに進んでいます。・後期梅毒 数年~数10年後に、心臓、血管、神経の異常が現れることがあります。

残念ながら「梅毒」は、一度治っても何回でも感染してしまいます。したがって、特定のパートナーがいるのなら、その人も血液検査をしなければなりません。自分だけ治療を行っても、パートナーが感染していたら、感染を繰り返してしまうからです。また、〈第1期〉の場合は、過去3カ月間に性的接触をもった全ての相手に、〈第2期〉の場合は、過去1年間の全ての相手に感染の危険性があります。本来は、これらの人も検査を受ける必要があり、それが本人のためでもあります。「梅毒」は初期段階で治療をすれば必ず完治する病気です。不特定多数との性行為や、性交渉の相手の皮膚や粘膜に異常があったなど、気になることがある人は早めに受診してほしいと思います。

治療には、主にペニシリン系の抗菌薬が用いられます。内服薬が用いられることが多いですが、第4期梅毒に対しては注射剤が用いられます。

〈第2期〉以降、約3年間は無症状で経過します。3年以上経った〈第3期〉では、ゴム腫などといわれる大きなしこりが出来ます。さらに進行すると、心臓・血管・神経・精神・目などに重い障害が現れ、場合によっては死に至ります。以前はよく「梅毒が進行すると鼻が落ちる」などと聞きましたが、〈第3期〉のゴム腫が鼻骨にできると、崩れたり陥没することがあり、この状態を「鼻が落ちる」と表現したのでしょう。ただ、現在では〈第3期〉以上に進行する患者さんは、ほとんどいません。世界における「梅毒」の標準治療は、ペニシリンGという抗菌薬の筋肉注射が一般的です。ただ、日本ではペニシリンGは認可されていないため、代用となる内服薬によって治療が行われます。(現在、日本医師会はペニシリンGが使用できるよう、働きかけています)早期に発見されるほど、治療期間は短くてすみます。

性感染症「梅毒」の患者数が、ここ数年で爆発的に増えています。1990年代以降は年間1000人を下回っていたものが、2013年には1200人を超え、2015年は2690人、2016年は4575人、2017年は現行の集計となって以降、初めて5千人を突破しました。さらに、今年も昨年を上回るペースで増加しています。「梅毒」の初期は、自覚症状がないことも多く、潜在的な患者数はもっと多いと考えられます。さらに気になるのは、女性患者が急増していること。この5年間で5倍以上になりました。感染は、一般家庭の主婦などにも広がっています。しかも、その年齢は妊娠・出産の時期と重なり、76%を15~35歳の若い女性が占め、特に20代前半の感染者数が突出しています。妊娠中の女性が感染すると、無治療の場合、40%は流産や死産となり、生まれた場合も、肝臓や目、耳に先天性の障害を引き起こす「先天梅毒」が危惧されます。胎児が胎盤を通して感染するリスクは、60~80%と極めて高確率です。

平成30年に都内で梅毒の感染が分かった人は1,775件でした。前年度より若干減少しましたが、感染症法に基づく調査が始まった1999年以降で2番目に高い報告数となりました。

梅毒は、病気の進行の程度により第1期梅毒~第4期梅毒に分けられ、第4期に近づくほど症状は悪化します。以前は、早期に診断する方法や有効な治療法がなかったため、第3期、第4期に進行することも少なくありませんでしたが、現在では、早期発見・治療が可能になり、効果的な抗菌薬が登場したことなどから、第3期、第4期に進行することはほとんどありません。なお、感染しても症状が現れず、長期間にわたり感染に気が付かないこともあります。

顕症梅毒は感染してからの時間経過によって、4つの病期に分類することができます。口の中やのどに梅毒の症状が現れるのは、主に感染してから6〜12週間後の第2期です。実際に口腔咽頭の梅毒の患者さんの半数以上は、食事するときに咽頭痛を感じるなどの違和感を訴えていました。

「梅毒」の病原体『梅毒トレポネーマ』は、感染している人の性器などの患部に多く存在し、性行為によって接触した粘膜や、皮膚の小さな傷などから侵入します。その感染力は、HIVなど他の性病と比べ非常に強く、たった1回の性交で感染する可能性は、15~30%と非常に高いのです。また、性器の接触による性交だけでなく、オーラルセックスで咽頭部に感染したり、アナルセックスで直腸に感染するなど、性行為の方法によって性器以外の場所にも感染してしまいます。

〈第1期〉の症状が消えた後、梅毒の病原体は全身に広がります。そして3か月後の〈第2期〉では、全身に発疹という形で表れます。顔や手足にピンク色の円形のあざが出来たり、「バラ疹」と言われる赤茶色の盛り上がったブツブツが全身に広がります。多くの感染者が、この段階で慌てて病院に駆け込みます。「梅毒」は、〈第2期〉までに治療することが肝要です。

「梅毒」がなぜ増えているのか、国立感染症研究所では「不特定多数との性行為が増えていると推測するしかない」としています。また、「SNSを利用した業態など、病気の検査をしていない風俗業が増えた」「梅毒がまん延している国から持ち込まれている」などの諸説もありますが、明確な背景ははっきりしていません。また「梅毒」は、多くの若い医師にとって、教科書でしか見たことのない性感染症という側面もあります。全身の湿疹を診て、「梅毒」と診断できないケースもあるかもしれません。特に、アトピー性皮膚炎など、もともと皮膚の病気がある患者さんでは、見分けるのが難しい場合もあり得ます。

病期が進行するにつれて梅毒は全身に症状があらわれるようになります。第2期になると、乳白色の粘膜斑を確認することがあります。軟口蓋のふちに沿って生じた粘膜斑は蛾が羽を広げたようにみえることから、“butterfly appearance”と称することもあります。

性病の一部は喉や舌に感染して口の中に症状を出します。梅毒ではできもの、淋病では喉の痛みが出ます。症状がない場合も多いです。見逃さないためには病院の検査が必要です。

梅毒の主な原因は、性行為などにより梅毒トレポネーマに感染することです。まれに、感染者の血液や体液が傷口に触れたり、輸血を介して感染することもあります。妊娠中に感染すると、胎盤を通して胎児にも感染する可能性があります。

梅毒は、早期検査、早期治療を行うことがとても大切です。梅毒検査は、都内保健所等で、匿名・無料でHIV検査と同時に受けることができます。