出会い系

マッチングアプリでようやく好みの異性とマッチング

マッチングアプリでようやく好みの異性とマッチング

マッチングアプリでようやく好みの異性とマッチング。これから関係を前向きに進めていきたいけど、どうやってメッセージをやり取りしていけば良いのかわからない…と悩む人も多いでしょう。

今回はマッチングアプリのメッセージ頻度などやり取りのコツについてレクチャーしていきます。マッチングアプリでもっと仲良くなりたい相手がいる場合は必見ですよ!

職場で出会いがなく、かつ休みの日に外に出会いを探しに行く余裕が無いからマッチングアプリをしている人は男女問わず大勢います。1日1回ログインする余裕もないくらい忙しいときもあるでしょう。

マッチングアプリ以外の連絡手段としてLINEのIDを交換する際にも、ある程度なら脈あり/脈なしの判断材料たりえます。

早く仲良くなることが必須のマッチングアプリだからこそ、進展するまでに時間のかかる1日1往復程度のやり取りはデメリットでしかありませんよ。

「今とは違うマッチングアプリを使いたいけど、選び方がわからない」
「もっと効率的に出会えるマッチングアプリはどれ?」

マッチングアプリのメッセージ頻度はどれくらいがベストなのか気になりませんか?

ペアーズは累計会員数1000万人、現在会員数450万人以上という日本最大級のマッチングアプリです。
会員数が多いために年齢層・ニーズも多岐に渡っていて、恋活で使っている人もいれば婚活で使っている人もいます。

マッチドットコムは世界中で利用されているマッチングアプリで、国内だけでも約187万人(2019年現在)のユーザーがいます。真剣に付き合える相手との出会いを求めるユーザーが多いのが特徴で、年間カップル成立数も約40万人と多め。

PCMAXは会員数1300万人(2019年現在)を超える人気マッチングアプリで、積極的に活動する会員が多く、掲示板の書き込みは月間で85万件にのぼります。16年以上続いている老舗であることもポイントで、違反行為を働いたユーザーをすぐに排除できるセキュリティの高さも伴っています。

でも、恋人を作りたい、結婚したい気持ちが本当にあるのなら、最低でも気になる相手に対して1日1往復はメッセージのやり取りを心がけましょう。いざマッチングアプリを通じて恋人ができた場合、1日1回ですら連絡のやり取りができないようでは、相手に愛想を尽かされてしまう可能性もあるからです。

特に、マッチングアプリではメッセージのやり取りしか相手との接点がなく、会ってもいない、メッセージのやり取りすら少ない人を気にかける可能性は薄い。また、1日1回の会話じゃ、日ごとに「何を話していたのか?」「どんな人だったのか?」と気持ちがリセットされてしまいます。

ある程度教えていい範囲を決めておき、支障のない内容を伝えるのはマッチングアプリでは必要です。

こんにちは!tantakatanでございまする_| ̄|○ あの人気のマッチングアプリ『with』を一ヶ月間有料会員として使ってきました!

マッチングアプリを使うにあたり、メッセージの内容は重要な要素。相性の良い相手なのかを見極める最初のステップです。