出会い系

tinder 香港人 投資

tinder 香港人 投資

よく、「香港人はせっかち」なんて聞きますが、そんな国民性がメッセージにも表れていますね。

香港人の見た目ってどんな感じ?と思うかもしれませんが、同じアジア圏なのでそこまで日本人と変わりません。日本人よりちょっと濃い顔か、やや色黒な人が多いかな~ってくらいです。Tinderで見る限り、カッコいい人が多い!っていうのが率直な感想。

日本人が香港でマッチングできるのか?結論から言うと、日本国内よりも香港で使った方がマッチングしました!

それに対して、香港ではアラサー世代の働き盛りの男性とも平日にマッチングでき、バンバンメッセージが来て意外でした。

実は香港では、本当によく日本語を見かけます。セブンイレブンもたくさんあって日本の商品が売っているし、駅の広告も日本語がたくさん。

日本人はどちらかというと長文でじっくりメッセージをするタイプの人が多かったのですが、香港人は短文でテンポよくメッセージを送ってくる人が多いです。

先月はアジアのフィンテックスタートアップが投資家の注目を集め続けていた。4月には、(新型コロナウイルス感染拡大に伴う)世界的な健康危機による市場の不確実性にもかかわらず、Investree、Modalku、KoinWorks などのフィンテックスタートアップがレイターステージで資金調達を実施した。

「香港人とのメッセージって何語なの?」って思いますよね。今回マッチングした人は、ほぼ英語でメッセージが送られてきました。

ちなみに、香港ディズニーランドは園内でフリーWi-Fiが使えてとっても便利。

香港でTinderを使うために、特別な設定は不要。

中国のテック大手 NetEase(網易)は2日、待望の香港上場を発表し、6月11日の上場に向けた詳細な計画を提示した。

重要視すべき理由:NetEase は、アメリカに上場している中国のテック大手が香港証券取引所に二次上場するのは、昨年11月の Alibaba の大規模な香港上場に続いて2社目となる。

Tinderを使う前は、「日本人って香港人に相手にされるのかな?」なんて不安もありましたが、日本人に対して好意的に接してくれる人は想像以上に多いです。

詳細情報:2日に提出された資料によると、NetEase は6月11日に証券コード「9999」で香港証券取引所にデビューする予定。

日本だと日本人がたくさんいるので他の女性に埋もれちゃうけど、香港だと「日本人か。ちょっと珍しいからとりあえずマッチングしてみよ~!」って思ってもらえたんでしょうか?