出会い系

tinder 中国人 投資

tinder 中国人 投資

投資しているお金がしっかりと運用に回されているか、また運用状況がどうなっているかなどをWEBやレポートなどからしっかり確認できるかどうかが重要です。
投資したお金が実際に運用されておらず、ただその中の一部から配当されていて、1年後などに連絡がつかなくなる、などはよくある話です。

Tinder(ティンダー)などのマッチングアプリや出会い系サイトなどで、中国人女性から「いいね」(申し込み)のアピールをされることがあります。写真を見るとかなりの美人で、しかも積極的に絡んできてくるため、日頃マッチングに苦労している男性は舞い上がってしまうのが現状です。

また、その商品自体に問題があるケースもあります。
投資対象として使用される商品については、まともな商品であれば認可や登録制度がなされており、行政レベルの預金保護、あるいは投資家保護の仕組みが必ず設けられています。

彼女は積極的にメールくれて中国語で楽しく会話してたのですが、ちょいちょい投資の話が出てきました。

例えば、100万円投資して、毎月5%の利回りが出るから、毎月5万円利益が出る、というもので毎月分配型の投資信託のようなものです。

投資詐欺によく見られる手口で、金融庁などの公的機関が投資の勧誘などを民間業者に委託・指示することはありません。

また、投資詐欺まではいかないまでも、会社が資金を使い込んでしまい、出資者のもとに戻ってこないケースなどもあります。

では、既に投資詐欺に遭ってしまった場合には、どう対応したらよいのでしょうか。

詐欺集団が、日本に入り込んでおり、日本国内からLINEと翻訳ソフトを使って投資詐欺を行っていることも多くなっています。もちろん、その詐欺集団は役割分担ができており、投資を勧誘する女性や証券会社のオペレーターの女性の役割の人物以外に、銀行口座を提供している中国人や日本人、銀行口座から資金を引き出す受け子など、高度な組織になっています。

また、金融庁などが自らトラブルのあっせんなどはしてくれないため、実際の解決には①弁護士に相談するか、もしくは海外投資に精通しており、リスクなどについても細かく説明してくれる②ファイナンシャルプランナーに相談しましょう。

どんなに良い金融商品であっても、投資には多少なりとも必ずリスクがあり、収益がマイナスになったり元本割れしたりする可能性があります。

Tinder(ティンダー)などのマッチングアプリ経由で中国人女性とマッチングし、仮想通貨などの金融商品を購入させられる投資詐欺は、次の手順で行われることが多いです。

マッチングアプリ経由で投資詐欺を持ちかけるのは、中国人女性だけではありません。元々、マッチングアプリや出会い系サイトで、日本人女性を利用して投資をもちかけるのは、昔ながらのオーソドックスな手法です。

マッチングアプリや出会いサイト内で何度かやり取りすると、早々にLINEやWeChatへの移動を提案されます。これは、アプリやサイト内では投資への勧誘が規約違反となるため通報を避けるのと、個人情報の入手が目的です。

投資詐欺について、投資対象は違えど使われてる手口のほとんどがこの「ポンジ・スキーム」という手口であると言われています。