出会い系

そのため ペアーズに女性のサクラもいません

ペアーズでブロックされるとどうなる?非表示のやり方と違いとは!?

向こうから連絡先を聞いてきた場合、「よし!脈あり」と思ってしまいますが、罠の可能性もあり、実際に1回会うまでは「Pairs(ペアーズ)」内で連絡を取るようにしたほうがいいです。

「Pairs(ペアーズ)」では24時間体制でネットパトロールを行っています。危険な内容の投稿や怪しい写真の掲載などを行った人がいればすぐに対応しているので安心してください。

ペアーズでブロックされるとどうなる?非表示のやり方と違いとは!?

筆者の友人で、(Pairs(ペアーズ)以外の)アプリを使って出会った人が、2回目でネットワークビジネスに勧誘してきたということがありました。勧誘は実際にあるんです。

マッチングアプリをやったことがないという人も、「Pairs(ペアーズ)」ならば安心して出会いを求められます。これだけ会員数がいて大きなトラブルが起きていないわけなので、安心、安全な出会い方だといえます。

Pairs(ペアーズ)の再登録はいつから出来る?すぐに再開出来る裏技と注意点を徹底解説!

Pairs(ペアーズ)の運営側の評判は極めて良好です。その件についてはこちらの記事をご確認ください。

そのため、ペアーズに女性のサクラもいません。よって、Pairsではサクラの特徴や見分け方は必要なく、Pairsのサクラリストは0人です。

ペアーズは最も会員数の多い真面目なマッチングアプリですが、これから登録しようとしている方にとって気になるのが、サクラの存在です。

ペアーズで「line教えてください」といわれたら、気があるのかなと思ってしまいますよね。

確かに、ペアーズのサクラに関する口コミがあるのも事実です。

SNSが発達してきただけに、男性だけでなく、女性も注意するに越したことはないでしょう。
そこで、ペアーズ(Pairs)における業者の特徴と見分け方をまとめてみました。

参考記事Pairs(ペアーズ)の評判と口コミ!女性にとって危険なアプリ?

しかし、2019年5月時点での1週間以内にPairsにログインしている女性ユーザーの数は約30万人となっています。ペアーズはサクラのバイトを雇う必要がありません。

すぐに、ペアーズでline/カカオなどのSNSを聞いてくる方には、要注意です。