出会い系

準暴力団事務所って知ってますか?

準暴力団事務所って知ってますか?

物件の近くに暴力団事務所がある場合、瑕疵担保責任が問われる可能性があると言いました。

暴力団事務所といった環境的瑕疵の場合、不動産に直接的な影響はありません。しかし、直接的な影響がない場合でも、暴力団事務所は嫌悪施設として扱われるため、売却に不利になるのが一般的です。

暴力団事務所の多い北九州や神戸などの地域では、暴力団を含む反社会的勢力の排除に警察が力を入れています。暴力団排除条例も都道府県ごとに施行されており、暴力団が活動しにくい状況になっています。

買取業者とは、不動産を買い取って転売することを専門的に行う専門家です。これらの専門家に相談すると、なかなか買い手が見つかりにくい暴力団事務所に近い物件でも速やかに買い取ってもらえる可能性があります。

暴力団事務所近くの物件は環境的瑕疵を有しているため、簡単には買い手が見つかりにくいと言えます。

そのため、暴力団であることがバレないように、外観を一般的な住居と分からないようにする暴力団事務所も。このような外観から暴力団事務所と判断できない状況で物件を売却しても、瑕疵担保責任を負わないのが一般的です。

例えば、暴力団事務所があるというだけなら問題はありませんが、暴力団事務所付近では発砲事件が生じることもあり、治安が良いとは言えません。

暴力団事務所近くの物件にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?暴力団事務所近くの物件のデメリットについて見ていきましょう。

このように裁判例でも、環境的瑕疵に対する損害賠償を認められることもあるため、物件付近に暴力団事務所が存在している場合には必ず告知しましょう。

売却を検討している居住用の不動産や投資用の不動産付近に暴力団事務所があったとします。心理的瑕疵や物理的瑕疵の場合には、その建物自体に瑕疵が潜んでおり、それが原因で売却を有利に進めることができない可能性があります。

暴力団事務所が近くにある物件には、環境的瑕疵が潜んでいると考えられるため、告知義務(説明義務)があります。

少し離れたところに暴力団事務所がある場合、隣地にある場合と比べると、影響力はそこまで大きくはないと言えます。

準暴力団事務所って知ってますか?。

では、分譲マンションや賃貸マンションに暴力団事務所の関係者が入居者または賃借人として暮らしていた場合には瑕疵担保責任が問われるのでしょうか?

東京地方裁判所で行われた平成7年8月29日の裁判例では、付近に暴力団事務所が存在していることを告知せずに土地を売却した場合における瑕疵を認めています。