出会い系

性病予防

性病予防

あなた自身と、あなたの大切なパートナーのために。STD(性病・性感染症)は予防できる病気です。

ご自身の現在の感染を確認するために、基本の性病検査項目として、HIV(エイズウイルス)、クラミジア、淋菌、梅毒、B型肝炎などをお勧めします。症状が無くて病院を受診しにくい時や、忙しくて保健所に行けない時は、自宅でできる性病検査キットがあります。普段からセックスの機会が多いと思われる方は、定期的に検査を受けるようにしましょう。

一番確実な予防法は「性行為の時にコンドームを使うこと」です。コンドームは、避妊だけでなく、STD(性病・性感染症)の感染予防にも、大切な役割を果たします。具体的には、セックス(腟性交)の時はもちろん、オーラルセックス(口腔性交)やアナルセックス(肛門性交)の場合も必ず使用して下さい。また、正しい方法で使用することがとても大切です。ただし、コンドームで完全に予防できないSTD(例えば、梅毒や尖圭コンジローマなど)もありますので、ご注意ください。女性に優しいコンドームや、オーラルセックス用コンドームも販売されています。

疲れがたまっている時や、病気などで抵抗力が低下している場合は、性感染症に感染する可能性が高くなります。また、そのような疲労時のセックスが引き金になって、例えば性器ヘルペスなど、すでに感染しているけれど潜伏していたSTD(性病・性感染症)の症状が出てしまう場合があります。

「感染していない者同士のセックス」 では感染の可能性はありません。
しかし、「現在のセックスパートナーがお互いのみであること」 や、「STD(性病・性感染症)の検査を受けて、お互いが感染していないこと」 を、確実に確認できているカップルは少ないのではないでしょうか?
STD(性感染症)は自覚症状を感じにくい病気です。不特定多数とのセックスは、おのずと感染の可能性が高くなりますし、誰から感染したのか相手を特定することが難しいので、自分が治ったとしても、再び感染する可能性があります。