出会い系

場所によっては茨城県や千葉県よりも過ごしやすいところもある福島

福島は 農業・漁業の盛んな県

福島県では、地域包括ケアシステムの構築、すなわち「県内に住む高齢者が自分らしい生活を余生ずっと遅れるように、医療サービス、生活支援・介護予防サービス、認知症対策のサービスを行政、地域内の各種団体、医療機関などが連携して提供できる体制づくり」を進めています。

福島県の介護保険サービスの利用者数は、介護保険制度がスタートした2000年の10月では居宅サービスが2万4,290人、施設サービスが9,445人で合計3万3,735人でした。

福島県の高齢者人口の推移を見ると、戦後間もない1950年は9万4,391人でしたが、日本の高度経済成長と共に年々増加し、1975年には18万356人、1985年には24万7,947人、1995年には37万1,572人、2005年には47万4,860人、2015年には54万2,384人となっています。

一方、福島県の総人口については1950年で206万2,394人、1985年で208万304人、2005年で209万1,319人と、戦後復興期である高度経済成長期においても大きな増減は見られていません。

福島県の老人ホームは、基本的に特別養護老人ホームが中心ですが、病院が母体となって運営する介護老人保健施設も数多くあります。

相談窓口は、介護保険の苦情・相談の受付先である「福島県国民健康保険団体連合会」、高齢者福祉に関する総合相談窓口である「県高齢者総合相談センター」になります。

こうした総人口と高齢者人口の増減差は、福島県の高齢化率に如実に表れており、1950年時点での高齢化率はわずか4.6%でしたが、1980年には10.5%、2000年には20.3%、2010年には25%と増加していき、2015年時点では28.4%まで増加しています。

場所によっては茨城県や千葉県よりも過ごしやすいところもある福島。自然、そして気候面を考えても高齢者にとって優しい土地であるのは間違いなく、今後の復旧を待って、他県から移住するというのも一案と言えるかもしれません。

「上昌広と福島県浜通り便り」

福島は、農業・漁業の盛んな県。農業では盆地の特性を生かして桃や梨、リンゴなどの果物が、また漁業では黒潮と親潮がぶつかる恵まれた漁場でカツオやヒラメ、タコなどの水揚げが豊富です。

この動きを知り、応援者も現れた。その一人がNHKの八重樫伊知郎氏だ。彼女の活動を一人でも多くの人に知って貰いたいと考え、5月24日、福島県内で「性感染症防止にリーフレット」というニュースを配信した。このニュースを見た人から「冊子を送って下さいというリクエストが殺到している(山本医師)」という。

日本でティンダーのユーザーが増加したのは2015年の春とされている。福島県で梅毒が急増した時期と一致する。日本でのユーザー数は公表されていないが、出会い系アプリに詳しいジャーナリストは「20代、30代の半分以上は利用していると思います」という。

福島県では、福祉サービスを利用した人からの苦情や不満を受け付ける機関として、「福島県運営適正化委員会」が設置されています。介護サービス事業者や老人ホームとの話し合いがうまくいかない、直接事業所・施設に苦情が言いにくいという場合、運営適正化委員会に訴え出ることで、問題の解決を図ることができます。

福島県内では、各市町村が中心となってさまざまな介護予防事業が展開されています。