出会い系

様々なマッチングアプリの情報や恋愛に関する統計データなどを発信中

様々なマッチングアプリの情報や恋愛に関する統計データなどを発信中

「マッチングアプリから初回デートまで辿り着けたら、意識するのはひとつ」「それは、次のデートに繋げることです。『やっとここまでことを運べたのに、もう次のデートを考えないといけないの?』と思われるかもしれませんが、初回デートは顔合わせのようなものです。ここでお互いの本当の部分を確かめ合うのです」本当の部分とは、真剣にお付き合いできそうかどうか――ということ。澤口氏はそう前置きした上で、男性にはある傾向があると話します。「もしも男性と女性とでデートする場合、男性は女性を4対6に分類する傾向にあります。4割が本命(もしくは本命候補)で、6割が今後恋人に発展する可能性は低いと判断されたものです。初回デートでは本命、つまり真剣にお付き合いをしたいと思ってもらえるようにする必要があります」真剣に付き合いをしたいと思ってもらうといっても具体的にどうすれば良いのでしょうか。また、アウトにならないために重要なこととは……? 「初回デートは相手の人柄がわからないので21時以降でセッティングするのはやめたほうがいいです。体目的の男性の可能性もあるので、初回デートは健全な時間に終わるよう調整しましょう。また、初回デートで気をつけないといけないのは第一印象です」「よくメラビアンの法則(人が相手の印象を決める要因の”話の内容”、”声色”、”見た目”の割合の法則)と言われますが、デートで第一印象を失敗すると、払拭するには8回ほど会わなければいけないと言われています」初デート、つまり第一印象が大切……というのはよく耳にする話ですが、そこでの失敗を取り戻すために時間がそこまでかかるとは驚きです。「なので、第一印象が決定しやすい服装は、あまり尖りすぎない方が無難だと思います」

マッチングアプリでは、何度かメッセージ交換をした後に異性と会う約束を取り付けます。初めてのデートのときは、一般的な恋人同士のデートとは少し雰囲気が違うため気をつけましょう。

マッチングアプリを使って、メッセージでのやりとりを繰り返し、たどり着いた初デート。メッセージのやり取りしかしていないので、緊張してしまうことも。今回は3カ月で104人の男性と効率的にデートを行ない、結婚に成功した婚活コンサルタントの澤口珠子氏に、当日までの準備から、デートを成功させるテクニックを教えていただきました。

そこでマッチングアプリの初デートで、相手に好印象を与えて成功に導くためのポイントを解説していきます。

マッチングアプリ上でのやり取りを経て、ふたり(複数人で会うこともありますが)で会うことになった――。けれど、インターネット上で知り合った人と実際に会うとき、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。メッセージではいい雰囲気だったけれど、直接話してみると微妙……なんてことは、おかしいことではありません。ただ、もしも緊張が高まってしまったが故に、せっかくのご縁を逃してしまったのだとしたら、少し惜しいですよね。今回は、婚活コンサルタントの澤口氏に、初回デートを成功へと導くコツを4つ教えていただきました。

通常マッチングアプリでは、複数の異性とメッセージを交わしているため、相手の情報を間違えてしまうことがあるかもしれません。

せっかく初デートまでの流れを頭に入れても出会えないマッチングアプリを使っていては意味がありません。

マッチングアプリは恋人探しが目的なので、恋愛話はむしろ積極的にしても良いくらい。ですが、元カノの悪口は厳禁。

高収入男性が多い、可愛い女性が多いと人気のマッチングアプリ。結婚を前提にお付き合いをしたい人が多く登録している。

様々なマッチングアプリの情報や恋愛に関する統計データなどを発信中。

澤口氏には、最初に気をつけるべき点を教えていただきました。次に教えてもらったのは、実践的な相手を惹きつけるためのテクニック。 「相手が初回デートで気にしているのは『自分といてこの人は楽しんでいるのだろうか?』ということです。こちらが緊張していると『自分といてこの人はつまらないんだ』と思われてしまう可能性があるので、緊張しいの方は前日に『マッチングアプリからのデートは慣れてなくて緊張している』と送っておくだけで、印象がかなり変わります」 初対面だからこそ、「今、相手はなにを考えているのか」と勘ぐってしまうことがあります。そんな裏側の気持ちを正直に伝えておくことで、デート中の空気が柔らかくなるんだとか。「会っているときに使えるテクニックとして、初対面でお互いをあだ名(もしくタメ語)で会話するというものがあります。初対面ではいきなり難しいと思うかもしれませんが、『プライベートだから敬語禁止にしましょう。敬語を使ったら罰ゲームね(笑)』とひとこと添えるだけでいとも簡単に、初対面でもすごく仲良くなったと相手に錯覚をさせられます」 他にも、あだ名で呼び合うことで、その人の素がみれるというメリットもあるそうです。また、罰ゲームは敬語を使ったらお酒を一口飲んでもらうなどにするとお酒も進み、さらに仲良くなるきっかけになるとのこと(ただし、相手が嫌がっているのに、無理強いするのはNG)。 「デートは、最後の別れ際が肝心です。ここでの印象がよければ次回のデートに繋がる確率も高くなります。駅などでお互い別れる時に振り返って顔の近くで小さく手を振る仕草をしてみましょう。相手はこの仕草をみると『ああ、とっても楽しかったんだ』と安心して気持ちが上がるのです」 直接会うとなったときのメリットとしては、マッチングアプリではなくLINEやFacebookなどで繋がることができるという点。こちらを使用して連絡をする際にもひとつポイントがあります。「クロージングとして『こんなにデートが楽しく感じたの初めて。◯◯さんとだからかな。また一緒にご飯できたらうれしい』などと、相手だからこそ楽しかったという趣旨のメッセージを送りましょう。私はこれを“あなただけ”演出と呼んでいます。これをやることで、相手の期待値がさらに上がります。ポイントは自宅に着く前までに送ることです。ここまでやると初回のデートは完璧です!」

映画や遊園地、水族館などのエンターテイメントを楽しむデートも楽しいですが、マッチングアプリでの初デートでは、会話の時間がたっぷりとれる食事デートが適しています。