出会い系

それほど余裕をもってTinderをスワイプしていけるのです

LINEならそうかもしれませんが ここはTinder

これはつまりあなたがあまりにもモテないために、「Tinderで久々に可愛めの子とマッチしたやった!早速メッセするンゴwww」とマジのガチで書いてしまうパターンです。

出会い系の有料課金は割高なイメージがありますよね?例えばPairsも月額数千円かかってしまいます。しかしTinderはなんと月額360円という破格の安さ。それでLikeし放題、Super Likeが一日5回まで、エリア指定もできる、となるとどう考えても360円以上に楽しむことができます。

LINEへの以降タイミングはTinder上でアポの予約が付いてからのほうが実際に会える確率が高まります。

すぐにメッセージを返すと非モテに思われるだとか、少しメッセージは遅らせた方がいいと思っている人はマニュアルにとらわれすぎです。LINEならそうかもしれませんが、ここはTinder。状況が変わればやり方も変えるべきです。

なぜならLINEの場合、相手の期待値が一気に上がるからです。Tinderをやっているとわかると思いますが、返信のタイミングはかなりランダムで、数日返ってこないと思ったら急に返信が来ることもあります。一日一回返ってくれば十分かもしれません。

ティンダー(Tinder)のブロック機能が「アンマッチ(Unmatch)」。一時的に非表示にするミュート機能が用意されていませんので、「連投がしつこい」「返事がめんどくさい」というときはアンマッチでマッチが解除されます。

Tinderに既読機能はありません。既読も未読もわかりません。まずはじめに言っておきます。

Tinderで既読スルーされないためには、プロフィールはきちんと埋めましょう。

これからTinderがより市民権を得てくればグループで出会うことも珍しくなくなってくるでしょう。

経験上、Tinderを使っているのは夕方以降、家についてテレビを見ながらというのが多く感じます。となるとスター状態になるのも夜の9時以降のほうがオトクですよね。金曜夜は飲みに出かけていることも多いと思うので、平日でも問題ありません。

ゆっくりスワイプしていれば問題ありません。しかしTinderはどうしても惰性でスワイプが速くなりがちです。最初はTinderのバグかと思って、直らないかな〜と思っていたのですが、この現象は何度アップデートが繰り返されても起き続けます。

Tinderでメッセージをやり取りしていると相手から返信が帰ってこなくなることがよくあります。

しかしLINEはどうでしょう。LINEの場合、ある程度相手が期待するタイミングや返信内容が求められ、Tinderと同じノリで対応していたのではあまりうまくいかないことが多くなります。Tinderでは楽しくやり取りしていたのに、LINEに移ったら急に返信してくれなくなることも多々ありました。

また逆に日によってはSuper Likeを使い切ることが無い日もあります。それほど余裕をもってTinderをスワイプしていけるのです。

Tinderは基本的にすべての機能を制限はありますが無料で使うことができるので、なんでわざわざ有料課金にする必要があるんだと思うかもしれませんが、一度有料課金してしまうとその便利さと楽しさにハマってしまいます。